沖縄県総合防災訓練にてドローン、無人車両、運行管理システム、AI技術を活用

株式会社エンルートラボ 2017年09月25日

From PR TIMES

ドローンとディープラーニングを用いて被災者人数の把握や、レスキュー隊の配置を把握し、指揮支援を検証

株式会社エンルートラボ(本社:埼玉県ふじみ野市うれし野1-3-29、代表取締役:伊豆智幸 以下エンルートラボ)は、沖縄県総合防災訓練に参加し、EMiST(Emergency Medical Infomation Surpport Team)協力のもと、ドローンやAI活用の有効性を検証しました。



2017年9月2日に行われた沖縄県総合防災訓練にて、エンルートラボ製のドローン、無人車両を活用しました。
ドローンの運用において、ADS-B(Automatic Dependent Surveillance-Broadcast)の情報を運行管理ソフトとリンクさせ、UTM (Unmanned Aerial System Traffic Management)への展開を検証。今後ドクターヘリに搭載のIP無線との連携も検討します。また複数ドローンの航空管制も行います。
上空からのドローン映像から、AI技術(ディープラーニング)を用いてリアルタイムに避難者の人数を数えたり、レスキュー隊員や消防車などの配置を把握する試験を行いました。今後学習データを増やすことで、さらに高精度なカウントを可能とします。
[画像1: (リンク ») ]

沖縄県総合防災訓練でのドローン、無人車両活用動画
(リンク »)

[画像2: (リンク ») ]


【本件に関するお問合せ先】
株式会社エンルートラボ
電話:049-293-4567 メールアドレス:info@elab.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]