【10/19(木)セミナー】UI/UXの改善効果を計り、アプリ活用を最大化 最高のユーザー体験を提供するための施策とは?

株式会社アイリッジ 2017年09月25日

From PR TIMES

~アプリやサイネージ、ウェブ等を活用した顧客接点活用のための包括設計のコツ~

株式会社アイリッジ(本社:東京都港区、代表取締役社長:小田健太郎、以下「アイリッジ」)と株式会社フォーディジット(本社:東京都港区、代表取締役:蛭田 正司、以下「フォーディジット」)は、10月19日(木)、フォーディジットのオフィス(東京都港区)にて、スマートフォンアプリを中心とした、デジタルサイネージ、ウェブサイト、展示会や広告などを連動させた、タッチポイントを活用したコミュニケーション施策を包括的に設計することで、最高のユーザー体験を提供するための施策を考察するためのセミナーを開催します。



[画像: (リンク ») ]


スマートフォンの所有率※が7割を超え、かねてからその活用が期待されていたユーザーの行動ログ、いわゆるビッグデータが、質・量ともに取得可能な状況となってきました。最近では行動データと購買データを紐付け、ユーザーの行動を推定することで、一人ひとりに最適な情報を提供するケースが増えています。O2OからOne to Oneの時代を迎え、スマートフォンアプリを活用したマーケティング施策は、今後、デジタルサイネージやウェブサイト、展示会や広告などといった各顧客接点と連携し、どのようなコミュニケーション設計を行うのが効果的かを考察します。また、その施策が効果を発揮したかどうか、実際の顧客動線や来店計測などを「Measuring UX」というコンセプトに基づき、ご紹介します。
※株式会社博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所「メディア定点調査2016」より

■セミナー概要
【日時】2017年10月19日(木) 17:30~20:00(17:00開場)
【会場】東京都港区赤坂8-5-32田中駒ビル2F/東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目」駅徒歩10分
【定員】50名
【料金】無料(軽食と飲み物をご用意しています)
【申込】以下サイトからお申込みください。
  (リンク »)
【申込締切】2017年10月12日(木)
【スケジュール】
 17:00 開場
 17:30~19:30の間で、以下、カジュアルセッションを開催
 「時代はO2OからOne to Oneへ、CRMの次に取り組むべきトレンドとは?」 by アイリッジ
 「位置情報を活用したアプリ効果測定」 byアイリッジ
 *その他フォーデジット様によるコンテンツもございます。
 20:00 終了

*定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。当選者には10/13(金)までにご連絡いたします。
*満席の場合や競合製品を取り扱いの企業からのお申し込みなど、受付をお断りさせていただく場合もありますので予めご了承ください。

◆株式会社アイリッジについて
株式会社アイリッジは、「インターネットを通じて、世の中に新しい価値を創り続けていく」という理念のもと、企業のO2O(オンラインとオフラインの相互送客)支援を行っています。スマートフォン向け位置情報連動型プッシュ通知ASP「popinfo」の提供や、アプリの企画・開発、アプリを活用した集客・販促支援を行っており、O2Oやアプリ開発の分野では業界トップクラスの実績があります。
(リンク »)

◆株式会社フォーディジットについて
株式会社フォーディジットは世の中に「意味のあるもの」を創出するデザイン& テクノロジーカンパニーです。WEBサイトやアプリの表層デザインということではなく、一過性でないものづくりを大切し、サービスデザイン、ブランディング・プロモーション、運用マネジメント、ユーザーリサーチ、クリエイター派遣サービスなどを提供しています。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]