Criteo Peformance Improvementセミナー!【10月19日(木)開催】

ビカム株式会社 2017年09月26日

From PR TIMES

Criteo広告運用者必見!!Criteoデータフィード仕様変更の伴う、Criteoパフォーマンス改善情報盛りだくさんのセミナーです。

2017年10月19日(木)ビカム株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:高木 誠司)では、CRITEO株式会社様会場にて、Criteo Peformance Improvementセミナーを開催致します。




[画像1: (リンク ») ]

Criteo広告ご担当者様及び、これからCriteoを導入しようと検討されているご担当者様向けに、Criteoアップデートを中心としたCriteo Peformance Improvementセミナーを開催致します。
これまで、Criteoデータフィードでは7つの必須項目を満たしていれば現状のアルゴリズムを活かしたリターゲティング配信が可能でした。
しかし、今後Criteoでは更なるパフォーマンス改善のためにデータフィードの仕様変更が行われ、必須項目は10数項目に増え、推奨項目も含めると30を超える項目が用意されています。

本セミナーでは今回のCriteoデータフィードの仕様変更においてどのようなメリットがもたらされるのか、どのようなパフォーマンスが期待できるのか、CRITEO株式会社様より事例を用いてご紹介させていただきます。
また、データフィード切替時の注意点、Criteo Performance product feed切替時に障壁となり得る点の対処方について弊社、ビカムよりご紹介させて頂きます。

こんな方ににおすすめ
・Criteo広告の効率を更に改善させたい
・他社が導入する前に先行してフィード切替準備を進めたい
・データフィードの最適化事例を学びたい
・これからCriteo広告を導入しようと検討している

お申し込みはこちらから
(リンク »)

開催概要

[表: (リンク ») ]



当日のスケジュール
<16:00>
開場
<16:30~16:35>
開会のご挨拶
<16:35~17:15>
[画像2: (リンク ») ]

ビカム株式会社 蠣原 侑也氏
データフィード広告市場規模の現状
データフィードの「質」が与えるダイナミック広告への影響

2011年のCriteoサービス開始以来、ビカムとしてもCriteo認定代理店としクライント様の広告代理業に携わらさせて頂きました。今回はCriteoのデータフィードの仕様変更においてデータフィードベンダーの立ち位置から、CRITEO様、クライント様のサポートをし、スムーズに新しいフィードの仕様へと移行できる、フィード構築方法をわかりやすく説明させて頂きます。
データフィードを利用した広告市場規模からデータフィードの重要性までデータフィード初心者の方にもわかりやすくご説明させて頂きます。
<17:15~17:45>
[画像3: (リンク ») ]


CRITEO株式会社 中村 祐介氏
Criteoが考える今後のデータフィードにおける可能性

昨今、データフィード市場が拡大する中、データフィードの今後の可能性がより拡まりつつまります。
セミナー内では主に、今後のデータフィードの可能性、それがもたらすCriteoにおけるアップデートについて講演させていただきます。
CriteoではEC、人材、不動産、旅行など様々な業種の広告主様にご利用いただいており、今後も高いパフォーマンスを発揮し続ける為に重要な要素となるデータフィードを中心にCriteo広告の今後についてお話をさせて頂きます。

<17:45~18:00>
Q&A、トイレ休憩
<18:00~19:00>
懇親会(アルコールあり)

お申し込みはこちら
(リンク »)

・1社2名様までとなります。
・定員30名
・応募数によっては抽選とさせていただく場合がございます。
【お申込締め切り】 2017年10月10日(火)
【当日のお持ち物】 申し込み控えや参加票は必要ありません。CRITEO社受付にてお名前とお名刺を1枚頂戴いたします。
※弊社、CRITEO社にて競合他社と判断した場合には参加をお断りさせて頂く場合がございますので、ご了承下さい。

企業情報
CRITEO株式会社( (リンク ») )
Criteoは一人ひとりの興味・関心と関連性の高いパーソナライズされたデジタルパフォーマンス広告ならびに
マーケティングをスケーラブルに提供しています。
広告クリック後のコンバージョンを予測、最適化することで、ROI(投資利益率)の透明性を確保し、測定を容易にします。
フランスに本社を置くCriteoは南北アメリカ、ヨーロッパ、アジアに27カ所のオフィスを展開し、
1,600名を超える従業員を擁して世界各国10,000以上のパブリッシャーと直接取引関係を結び、
8,500以上の広告主の広告を生成・配信しています。

ビカム株式会社( (リンク ») )
2006年以降、10年以上にわたり商品検索メディア Become を運営しています。
主にEコマースのお客様からデータフィード(商品データ)を預かり、精度の高い検索体験・利便性向上を
ユーザーに提供することで、お客様のお客様であるユーザーにも貢献しています。
ビカムは、これからも、あらゆるお客様のあらゆるデータを価値に変えて、お客様に貢献してまいります。

本件に関する詳細
(リンク »)
ビカム株式会社の最新情報はこちら
(リンク »)
データフィード生成サービスの詳細はこちら
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ビカム株式会社の関連情報

ビカム株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。