【株式会社システナ】三省堂書店が提供する「大学向け教科書販売オンラインサービス」のクラウド基盤構築、アプリケーション開発を支援

株式会社システナ 2017年09月27日

From PR TIMES

プラットフォームにMicrosoft Azureを採用し、クラウド基盤構築、アプリケーション開発をシステナが支援

株式会社システナ(本社:東京都港区、代表取締役社長:三浦賢治、以下「システナ」)は、株式会社三省堂書店(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:亀井忠雄、以下「三省堂書店」)が展開する新たな「大学向け教科書販売オンラインサービス」の導入において、Microsoft Azure によるクラウド基盤構築、アプリケーション開発サービスの提供事例を発表いたします。

三省堂書店は、日本の近代化が進む 1881 年 ( 明治 14 年 ) に古書店として創業して以来、一貫して時代の知的欲求に応え続けてきました。
お客様の幅広いニーズに応え続けられるよう、さまざまなチャレンジを続ける三省堂書店が、時代の要求に即した新たな取り組みとして開発・運用を開始したサービスが「大学向け教科書販売」をサポートする新たなオンラインサービスです。

システナでは、三省堂書店が提供する新たなサービス基盤の構築・開発に際し、携帯端末の組み込み開発から大手金融機関のバンキングシステムまで幅広く実現してきた経験・ノウハウと、日本マイクロソフト株式会社(以下、日本マイクロソフト)との長年に渡るパートナーシップの中で培ったクラウド基盤構築技術の双方を活かし、全面的なご支援をさせて頂きました。

大学向け教科書販売オンラインサービス
大学内の教科書販売は、毎年 4 月と 9 月に 2 ~ 3 週間ずつ、キャンパス内に特設の販売コーナーを設けるアナログ式の運営が多く、学校側・学生側双方に負担がかかります。
今回提供を開始した新たなサービスでは、学生が事前にオンラインで必要な教科書を注文し、キャンパスでの支払い・受け取りをスムーズにすることで、毎年のように学校側に生じていた負担と、学生側の感じていた不便さを解消いたします。

Microsoft Azure
Microsoft Azure は日本マイクロソフトが提供する各種クラウドサービスを統合した集合体であり、そのサービスは世界規模のデータセンターネットワークを介して配信されています。
Microsoft Azureでは、必要なツール、アプリケーション、フレームワークを使用し、好きな場所で自由にビルドとデプロイを行うことができます。また、サーバーの稼働状況にあわせた従量課金制度により、季節変動の大きいサービス基盤でも最適なコストパフォーマンスを実現します。

システナでは、長年の開発業務の経験と日本マイクロソフトとのパートナーシップで培ったノウハウから、Microsoft Azure、Office 365 を中心とするクラウドプラットフォームにおいて、企画から検証、構築、導入、教育、保守、サポートに至るまでのトータル・ソリューション・サービスを提供致します。

今後もMicrosoft Azure、Office365を中心とするクラウド分野に対して積極的に取り組んでいくことで、お客様の事業をICTで支える最良のパートナーとなるべく尽力してまいります。

【会社概要】
社 名:株式会社システナ
所在地 ;〒105-0022 東京都港区海岸 1丁目 2 番 20 号 汐留ビルディング 14F
代表者 ;代表取締役社長 三浦 賢治
資本金;15 億 1,375 万円(2017 年 7 月現在)
設 立;1983 年 3 月
URL: (リンク »)
事業内容:モバイル機器ソフトウェアの開発・品質検証、金融機関およびWebビジネス向けシステム
開発、システムの運用・ヘルプデスク、IT商品の販売、クラウドサービスなど、システムの企画・設計・開発・導入から保守・ユーザーサポートまでのトータル・ソリューション・サービスの提供

【お問い合わせ】
株式会社システナ ソリューション営業本部
担当者:倉井 貴明
TEL:03-6327-7201
Email:sales_support-ml@systena.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。