トンネル内点検ロボットや、無人車両、無人潜水艇用の有線操縦装置を開発

株式会社エンルートラボ 2017年09月28日

From PR TIMES

無線の使用できない曲がりくねったトンネルや、水中の無人機を操縦する有線式の遠隔操縦装置を開発しました。

株式会社エンルートラボ(本社:埼玉県ふじみ野市うれし野1-3-29、代表取締役:伊豆智幸 以下エンルートラボ)は、FA用のデータ通信ドライバーを用いた、耐環境性の高い有線式操縦装置を開発いたしました。



無線電波の届きにくい曲がったトンネルや、煙突、パイプ内の点検用ロボットの遠隔操縦に使用する有線式の遠隔操縦装置です。ロボット側の装置には、2系統のカメラモジュールが装着されカメラ映像を確認しながらの遠隔操縦が可能です。有線のデータ伝送ドライバーにFA用の伝送ICを採用し、ノイズ耐性が高くなっています。電気配線のあるパイプ内などでも安定した操縦を可能としています。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]



注1)有線操縦装置は、エンルートラボ開発の無人機組み込み用で、お客様の仕様に合わせてカスタマイズいたします。単体での販売は行なっておりません。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社エンルートラボ
電話:049-293-4567 メールアドレス:info@elab.co.jp
ホームページ  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]