グッドイヤー、Grenzebach Maschinenbau社からVentech Systems社を買収

日本グッドイヤー株式会社 2017年09月29日

From PR TIMES

-コネクテッドビジネスモデルの成長に鑑みイノベーション戦略に基づき買収を実行
- Ventech Systems社買収により、タイヤ・フリート顧客管理用モバイルソリューション機能を強化
-Ventech Systems社技術をグッドイヤー・プロアクティブ ソリューション事業に統合

オハイオ州アクロン(2017年9月20日) - ザ・グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニー (以下グッドイヤー)は、タイヤの自動検査技術におけるリーディングカンパニーであるVentech Systems社をGrenzebach Maschinenbau 社から買収することに同意したことを発表しました。



Ventech Systems社 ( (リンク ») )は、ドイツ・Dorstenを拠点として自動車産業向けに革新的な測定装置を提供しています。同社は、2006年設立、バス、トラック、自動車その他車両を対象とする高度に自動化されたタイヤ検査システムを提供しています。同システムにより、短時間でのタイヤ圧、残溝そして車両重量の検査が容易に実現します。

「グッドイヤー・プロアクティブソリューション事業は、過去3年間にわたりVentech Systems社との協力関係にあり、当社のフリート顧客管理用ソリューションにVentech Systems社のデータ収集・分析機能をとり入れてきました。当社のフリート部門の顧客からは高い評価を受けおり、当社としては、今回の買収を顧客へのサービスと価値提案の向上を図る重要な機会とみています。」と、グッドイヤー社バイスプレジデント兼CTOであるChristopher Helselは語っています。

「グッドイヤーそしてVentech Systems社は、両社ともにイノベーションを根幹として設立されたもので、これこそが両社の原動力となっています。」と、Ventech Systems社COO兼ビジネスマネージャーのAndreas Pietschは述べています。また同氏は、「グッドイヤーの持つ確固とした市場での存在感により、Ventech Systems社はグローバルで成長機会を新たに得ることとなるでしょう。プロセスの最適化、ビジネスの効率化、そして路上の安全性という面でも、当社独自の技術でグッドイヤーのフリート顧客をサポートできることを嬉しく思います。」としています。

トラック用のタイヤの場合、商用フリートの耐用時間や運用におけるトータルコストに最も貢献するのは日常的なタイヤ管理です。昨年度、グッドイヤーは、ヨーロッパ、中東そしてアフリカ地域においてグッドイヤー・プロアクティブソリューション事業を立ち上げました。同事業においては「Vehicle-To-Fleet(ビークル・ツー・フリート)」運用管理ソリューションを提供することにより、フリートでの車両の安全性向上、燃料消費量やカーボンフットプリントの削減、さらにフリートでのデジタルトランスフォーメーションの推進が実証されています。

今回Ventech Systems社を買収することで、グッドイヤー・プロアクティブソリューションによるビジネス向けサービス提供が一層拡大します。同社は、効率的かつユーザーフレンドリーなクローズド型のサービスを提供しており、フリートオペレーターはこのサービスを利用することで車両が車庫を出入りする度にタイヤ圧、残溝、車両重量を測定することができます。

グッドイヤーは、グッドイヤー・プロアクティブソリューションが提供するタイヤ・フリート向けモバイルソリューションサービスに加えて、自動車メーカーと提携してタイヤの情報を車両管理システムに送信し安全性や性能の向上に取り組んでいます。今月初旬、Tesla製電気自動車に限定した都市間のモビリティーサービスを提供するTesloop社に採用されたことを発表しました。タイヤにワイヤレスセンサーを設置し、タイヤの一括管理を向上するとともに、フリートの規模拡大に合わせてサービス提供時間を最大化します。

今回の買収は、第4四半期にクロージングが行われる予定で、Ventech Systems社の事業と技術は、グッドイヤー・プロアクティブソリューション事業に統合されます。


グッドイヤーについて
グッドイヤーは世界屈指の大手タイヤ会社です。従業員数は約6万5000人で世界21か国、47の拠点を展開しています。米国オハイオ州アクロンとルクセンブルグのコルマーベルグの2ヶ所に技術開発センターを有し、技術・性能の両面でタイヤ業界の標準を形づける最先端の製品とサービスを開発しています。グッドイヤーと製品の詳細情報はwww.goodyear.com/corporateをご覧ください。

≪日本グッドイヤー株式会社≫
日本グッドイヤー株式会社は1952年創立。国産および輸入品のグッドイヤーブランドのタイヤを、補修用タイヤ市場で販売しています。日本グッドイヤー関連会社の日本ジャイアントタイヤ株式会社は、土木建築車両用・重機用オフロードタイヤを兵庫県たつの市の工場で生産しています。又グッドイヤーは日本において航空機用タイヤのマーケティングと販売も行っています。日本グッドイヤー株式会社とその製品について、ホームページで詳しい情報がご覧頂けます。
日本グッドイヤー株式会社ホームページ www.goodyear.co.jp/
[画像1: (リンク ») ]



[画像2: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]