パソナインディア インドの高等専門学校NTTF Indiaと産学連携協定を締結

株式会社パソナグループ 2017年09月29日

From PR TIMES

機械や電子工学の学生に日系企業を案内 10月開始

インドでグローバル人材の紹介および採用コンサルティングを行うパソナインディア(Pasona India Private Limited、本社:ニューデリー、インド、Managing Director、Ranen Gupta)は、インドの高等専門学校NTTF Indiaと、キャリア支援に関する産学連携協定を締結しました。
 10月から、主に機械や電子工学分野で専門性の高い技術を学ぶ学生を対象に、日系企業の求人案件の案内や、キャリアコンサルティングを行ってまいります。


9月に開催された日印首脳会談では、「高速鉄道」「原子力協定」そして「人材支援策」の3つが焦点となりました。インドに進出している日系企業では優秀な技術者の採用が課題となっており、日本式のものづくりを習得した人材が活躍できる仕組み作りに、両国が官民連携のもと取り組んでいます。

そしてこの度、パソナインディアはインドの高等専門学校NTTF Indiaと産学連携協定を結ぶことで同校学生18,000名を対象に、日系企業の求人案件の案内と、特に日系企業でのキャリア構築に向けたキャリアコンサルティングを行ってまいります。また、日系企業が求める人材像やスキル等をNTTF Indiaにフィードバックすることで、同校学生の就職率向上を目指してまいります。

本事業により、インドの教育機関とインドに進出する日系企業の橋渡しをパソナインディアが担い、若手技術者が「カイゼン」や「5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)」等の日本式のものづくりを習得することで、日系企業のエンジニアとして活躍するリーダーの育成を目指してまいります。

■パソナインディア、NTTF India産学連携協定 概要

開 始 日: 2017年10月

内  容: NTTF Indiaの学生に対し、日系企業の求人案件を案内すると共に、キャリアコンサルティングを提供。優秀な機械・電子工学等の技術者の日系企業への就業を促進する。日系企業の特徴やキャリア構築の仕方、面接対策や履歴書の書き方等のアドバイスを行います。

規模人数: 2017年度(2018年5月末時点)1,000名(予定)

備  考: NTTF Indiaは1963年に創設され高等専門学校。主に機械、電子工学、電子機械工学、IT等の技術者を育成し、インド国内20箇所以上に研修施設を要する。今後、同校ではインド技能開発・起業省(MSDE)と日本の経済産業省が署名した「ものづくり技能移転推進プログラム」に基づいたカリキュラムを導入予定。

お問合せ: パソナインディア Tel:+84-4-3822-1666

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社パソナグループの関連情報

株式会社パソナグループ

株式会社パソナグループの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]