LINEバイト、2017年秋の新TVCM「LINEバイト・トマピ篇」を本日より放映開始

LINE株式会社 2017年10月02日

From PR TIMES

バイト探しで笑顔になれるキーワード『トマピ』とは!?俳優/松重豊さんと歌手/足立佳奈さんの息の合った演技に注目



総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(旧社名:インテリジェンス、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)と、LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)による合弁会社「株式会社AUBE(オーブ)」(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:上土 達哉)は、アルバイト求人情報サービス「LINEバイト」 (リンク ») において、2017年秋のTVCM「LINEバイト・トマピ篇」を10月2日(月)より全国で放映を開始しましたことを、お知らせいたします。

1.『トマピ』のリズムに合わせ、松重さんと足立さんが豊かな表情とコミカルな動きを披露
本日、放映を開始したCMは、アルバイトを求人中のスーパーの店長・松重豊さんと、アルバイトを探す女子高校生・足立佳奈さんが、CMのキーワード『トマピ』のリズムに合わせ、豊かな表情とコミカルな動きを披露する場面から始まります。その後、『トマピ』の意味が明らかになり、松重さんと足立さんは店長とアルバイトとして同じスーパーで笑顔で働く場面に切り替わります。松重さんの貴重なはじけた表情や、17歳の現役女子高校生である足立さんの可愛すぎる表情にご注目ください。
[画像1: (リンク ») ]


2.耳に残る印象的なフレーズ『トマピ』の意味とは?!隠れ『トマピー』にも注目
CMのキーワード『トマピ』の意味は、LINEバイトの「オファー」機能*の特色を印象付けるための造語です。「オファー」機能は、採用担当者がアルバイトを探している求職者へ直接バイトオファーを出すことができる機能です。求職者はバイトに関する希望の条件(シフト、勤務地、給与、身につけたいこと、活かしたいこと)をLINEで登録し、待っているだけで、条件にマッチしたバイト先からピッタリのオファーが届きます。この機能の特色である「登録」、「待つ」、「ピッタリ」の頭文字をとり、『トマピ』というオリジナルの言葉が生まれました。LINEバイトは、「オファー」機能を使って『トマピ』をするだけで、求職者と採用担当者の双方が笑顔になれるアルバイト探しを実現します。
*LINEバイト「オファー」機能の詳細は、こちらをご参照ください。 (リンク »)
[画像2: (リンク ») ]


また、CMには、『トマピ』というキーワードにちなんだ隠れアイテムとして、トマトのような形をした新種のパプリカ『トマピー』が登場します。後半のスーパーのレジのカゴに山積みされた『トマピー』を前に、松重さんと足立さんが『トマピ』と『トマピー』の問答を掛け合い、笑顔で元気に「LINEバイトはトマピ!」と締めくくる場面も見所のひとつです。
[画像3: (リンク ») ]


3.松重さんと足立さんの素の感想が詰まったCMメイキングオフ映像も本日公開
本CMは、松重さんと足立さんの表情や動きを細かく多様なパターンで撮影しました。撮影中は、松重さんと足立さんは今回2回目の共演ということもあり、終始、なごやかに話す様子が見られました。撮影の後半には、松重さんと足立さんに『トマピ』と初めて聞いた際の感想やCM制作で苦労した点、撮影中にお二人が話していたこと等を伺う機会があり、その様子をまとめた動画を本日You Tubeにアップしています。『トマピ』を初めて聞いたとき、松重さんは「まったく意味がわからない」、足立さんは「マスコットキャラクターかと思いました」という思いを抱いたというエピソードから、互いに対し、松重さんは足立さんを「今後が楽しみな逸材」、足立さんは松重さんを「私の中ではお父さんのよう」と表現するなど、CMでは見ることのできない素の感想をご覧いただけます。
URL: (リンク »)

[画像4: (リンク ») ]


尚、本CMは、多数のアーティスト等のミュージックビデオを手掛ける映像ディレクター関和亮氏が監督を務めました。関氏が作り出す世界観もご注目ください。
「LINEバイト」では、 今後も継続的なサービスの機能追加・改善やコンテンツの拡充を積極的に行い、ユーザーにアルバイトとの新たな接点や楽しみ方を提供してまいります。

■ TV CM放映概要
名称:LINEバイト トマピ篇(15秒) (リンク »)
放映期間:2017年10月2日より全国(一部地域を除く)にて順次放映
※You Tubeでは、30秒バージョンもご覧いただけます。  (リンク »)

■出演者プロフィール
・松重 豊
1963年1月19日生まれ。福岡県出身。蜷川スタジオを経て、テレビ、映画、舞台と幅広く活躍。
主な出演作は映画『しゃべれどもしゃべれども』(平山秀幸監督)、『ディア・ドクター』(西川美和監督)、『さよなら歌舞伎町』(廣木隆一監督)、テレビドラマでは、『ちりとてちん』、『八重の桜』、『未解決事件~ロッキード事件』、『貴族探偵』、『孤独のグルメ シーズン6』など。また、Fmyokohama『深夜の音楽食堂』にてパーソナリティーを務める。今後の出演作として、映画 2017年公開予定『アウトレイジ 最終章』(北野武監督)、『探偵はBARにいる3』(橋本一監督)。
[画像5: (リンク ») ]


・足立 佳奈
1999年生まれ。岐阜県出身の高校3年生。 2014年10月に行われた国内最大規模のオーディション『LINE オーディション』で、 応募総数12万5094組の中からグランプリを獲得する。Twitterで15秒オリジナルソングを公開したところ、2,500万回以上のインプレッションを記録し、真似してアップする高校生が多数出現。現在、Twitterのフォロワーは29万人を超えている。2017年8月30日、メジャーデビューシングル「笑顔の作り方~キムチ~/ココロハレテ」をリリースし、11月22日には早くもセカンドシングル「フレーフレーわたし」のリリースが決定している。
[画像6: (リンク ») ]


■監督プロフィール
・関 和亮
1976年生まれ、長野県小布施町出身。音楽CDなどのアートディレクション/デザイン、ミュージック・ビデオ、ショート・ムービー、Webムービー、TV CMのディレクションを数多く手がける一方でフォトグラファーとしても活動。多数のアーティスト等のミュージックビデオを手掛ける。「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS2015」特別賞、「2015 55th ACC CM FESTIVAL」総務大臣賞/ACCグランプリ、「第14回文化庁メディア芸術祭」エンターテインメント部門優秀賞、「MTV VMAJ2015」最優秀洋楽グループビデオ賞、最優秀邦楽男性アーティストビデオ賞、など受賞歴多数。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]