民泊新法・特区対応の自動チェックインサービス「m2m Check-in」を日本最速でリリース!

matsuri technologies株式会社 2017年10月02日

From PR TIMES

(宿泊者名簿自動保存とオンライン本人確認)

国内No.1の物件数の民泊運営管理ツール「m2m Systems」を展開するmatsuri technologies株式会社(東京都豊島区、代表取締役:吉田圭汰)は、10月2日に民泊事業者向けに自動チェックインが可能になるサービスの発表をします。



[画像1: (リンク ») ]


matsuri technologies株式会社ではインバウンド消費を支える民泊事業者を支援するとともに、訪日外国人の満足度向上や健全な民泊市場の発展のため、民泊新法や国家戦略特区対応のソリューションを開発しております。

民泊新法の施行により、宿泊者名簿の作成、保存が義務付けられ、宿泊者の本人確認も必要とされるようになります。膨大なコストが発生することが予想されるため、宿泊者の名簿の作成や本人確認をタブレットを通じて行う「自動チェックイン」の機能を有する「m2m Check-in」( (リンク ») )を提供し、民泊新法に対応した民泊運営をサポートします。


サービス名:「m2m Check-in(エムツーエムチェックイン)」
URL: (リンク »)
特徴:
1.ビデオ電話本人確認
2.本人確認業務の委託【24H対応センター(別料金)】
3.本人認証機能(AirbnbなどのOTAとの宿泊予約情報と自動連携)
4.宿泊者名簿の自動作成
5.多言語対応
6.パスポートの写しをクラウド上で保存
7.民泊運営管理ツールの「m2m Systems」との自動連携「m2m Check-in」


「m2m Check-in」:

[画像2: (リンク ») ]



【サービス画面について】


[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]


先着1000物件限定にて無料で「m2m Check-in」を利用できるキャンペーンを行います。

「m2m Check-in」に関するお問い合わせ

【問い合わせ窓口】

広報・営業担当 河田 電話番号:03-5927-1400

Mail: info@matsuri.tech
詳細お問い合わせ先: (リンク »)


【matsuri technologies株式会社 弊社提供サービスについて】

総実績500万超を誇るAirbnbメッセージ代行サービス「m2m Basic(旧:Airm2m)」
(リンク »)
総導入物件数5,000件を超える、国内最大級の民泊管理ツール「m2m Systems(旧:Syn.m2m)」
(リンク »)
「民泊+短期賃貸」の組み合わせで貸し出しを行う集客支援ツール 「nimomin」
(リンク »)


【会社概要】

会社名:matsuri technologies株式会社

代表者:吉田圭汰

問い合わせ: info@matsuri-tech.com

電話番号:03-5927-1400

URL: (リンク »)

住所:171-0033 東京都豊島区高田3-21-2 ユニハイト東京ビル3F

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]