キャップジェミニ創業50周年

キャップジェミニ株式会社 2017年10月02日

From PR TIMES



[画像: (リンク ») ]



【2017年10月2日:パリ発】
キャップジェミニの歴史は、1967年10月1日に、フランス、グルノーブルの2部屋のアパートで、創業者のSerge Kampfを中心とする5人が開きました。今日「スタートアップ」と呼ばれる事業は、その50年後、40カ国以上でおよそ20万人の従業員を擁する多国籍企業グループに成長しました。世界有数のコンサルティング、テクノロジー&アウトソーシングサービスのプロバイダーとしてキャップジェミニは、創業50周年を迎えます。

キャップジェミニグループの会長兼CEOであるPaul Hermelinは次のように語ります。「創業から50年で、キャップジェミニはまさに世界的で多文化的なグループになりました。キャップジェミニを信頼して、支援頂いているお客様、社員、株主、パートナー企業、そして非凡な創造者であり業界の旗手であった当社の創業者によってもたらされた、私たちの成功を誇りに思います。これまでの50年間、キャップジェミニは常に、人による人のための技術の利用を促進するために活動してきました。物語の新たな章を書くために、キャップジェミニ・グループは、現在のキャップジェミニを作り上げた人々と同じ願望と決意を持って、変革やイノベーションを継続し、リスクに対処して行きます。」

1967年から未来に向けて走り続ける
創業以来、キャップジェミニ・グループは独自のビジネスモデルを導入してきました。多くの企業が首都パリを拠点とし、他のITサービス企業がエンジニアや技術者によって設立される中、当社はフランスの地方都市を拠点として営業マンが設立しました。1970年代、Serge Kampfは、ITが将来ビジネス界で果たす役割に目を向け、技術的コンサルティングや組織的コンサルティングと、顧客との親近性、先見的サービスを結びつけた先駆者でした。キャップジェミニグループでは現在、さまざまな分野で6,000社のお客様にサービスを提供しています。

キャップジェミニには、創業者の非凡な性格とその本質的な個性を引き継いだ先取の気質があり、これがキャップジェミニ・グループ文化の基盤である、「正直であること」「大胆であること」「信頼すること」「自由であること」「チームの仲間を思うこと」「謙虚であること」「「愉しむこと」といった価値観を形成してきました。キャップジェミニの模範的な倫理的枠組は、世界的に認められています。2017年には5年連続で世界で最も倫理的な企業のひとつとして選ばれました。

サービスの幅広さは、キャップジェミニ・グループが、加速度的に進化しながら人々の生活を変化させ続けている新しい技術の最先端にいることを意味します。キャップジェミニ・グループは現在、デジタルサービスとクラウドサービスの世界的リーダーとしての地位を確立しており、当該分野の売上げは全体の35%を占めています1。キャップジェミニは、幅広い技術的資産を基に、ビジネスコンサルティングと業界特有の専門知識を組み合わせ、お客様が市場の最先端で活動できるように、世界をリードする企業と提携し、デジタルへの挑戦、新しいビジネスモデル、敏速なオペレーションについて、個別に定義し、提供しています。

世界的イノベーションと教育への取り組みが、50周年を素晴しいものにします。
キャップジェミニは創業50周年を迎え、アーリーステージのスタートアップ企業5社にエクイティフリー・ファンドを提供し、キャップジェミニのパートナーになる機会を与えるグローバルコンテストであるInnovatorsRace50 を開催しました。37カ国の1000近い応募チームの激しい競争を経て、6月に開催された本年の VivaTech において大勢の観衆と一流の審査員の前で提案を売り込み、英国、フランス、カナダ、スウェーデンのチームが勝ち上がりました(1)。彼らはまた、現在から今後数年にわたってイノベーションへの情熱を示し、推進し、卓越性を実証する企業家を発掘するためにキャップジェミニが本年開始した、「Serge Kampf Entrepreneurship and Innovation Award」の受賞者の第一期生となりました(2)。

また、今年6月には、MoveFifty(3) を開始しました。今日キャップジェミニ・グループに内在する、「前進すること」、「愉しむこと」、「チームの仲間を思うこと」の感覚を具現化した世界的なプログラムです。MoveFiftyは、キャップジェミニの全社員を動員し、移動を通じて距離(km)を記録し、その進捗をキャップジェミニ50周年のハッシュタグである#Capgemini50をつけてソーシャルメディアで共有することによって、最大10万ユーロを集めるプログラムです。募金は教育に重点を置いた慈善団体であるCiudad Quetzal(4)、 Enlight(5)、そしてCap Sur Le Code(6)の3つ団体に寄付されます。MoveFiftyは10月末の目標金額達成に向けて順調に進んでいます。

キャップジェミニ50年の冒険についての詳細は、以下のサイトをご覧ください。キャップジェミニの50周年記念プレスキットがさまざまな情報とアセットをご提供します。
www.capgemini50.com


キャップジェミニについて

キャップジェミニは、2017年に創業50周年を迎え、従業員数19万人以上、40か国にビジネスを展開する、世界有数のコンサルティング、テクノロジー&アウトソーシングサービスプロバイダーです。グループの2016年のグローバルでの売上は125億ユーロを達成しました。お客様とともに、お客様のニーズに合わせて、お客様によるイノベーションと競争力の実現を可能にするビジネス、テクノロジー&デジタルソリューションを開発し、提供しています。完全な多文化組織であるキャップジェミニは、独自のビジネス形態である Collaborative Business ExperienceTM を開発し、独自のデリバリーモデル Rightshore(R) を活用しています。

キャップジェミニ株式会社については、以下をご覧ください。
(リンク »)
キャップジェミ二株式会社のソーシャルアカウント
Twitter: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

Rightshore(R) はキャップジェミニの登録商標です。



InnovatorsRace50の勝者:
(リンク »)
「Serge Kampf Entrepreneurship and Innovation Award」:
(リンク »)
MoveFifty:
(リンク »)
Ciudad Quetzal:
(リンク »)
Enlight:
(リンク »)
Cap Sur Le Code:
(リンク »)


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。