「今治謹製」が木箱入りタオルギフトとして初の「グッドデザイン賞」を受賞

スタイレム株式会社 2017年10月04日

From PR TIMES



スタイレム株式会社(代表取締役社長:酒向正之、大阪府大阪市浪速区)のプロダクトブランドである
「今治謹製」シリーズが、2017年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。これは木箱入りタオルギフトとしては初の受賞となります。「今治謹製」は日用品として位置づけられるタオルを色、柄、品質からパッケージに至るまでのトータルブランディングによって高級贈答品へ昇華させ、産地の地域イメージを高められるよう努力してまいりました。

当社では今回の受賞を契機に「今治謹製」の販売拡大をさらに図っていき、贈答文化の活性化及び未来への継承を推進させ、人と人との絆を深める役割を担いたいと考えています。これからも、今治の歴史や職人の真摯な姿勢、息遣いまでをもデザインに反映し、ブランドイメージの向上に務めてまいります。

□ 製品名称:「今治謹製」
□ 製品概要:今治謹製 紋織タオル・極上タオル・至福タオル・至福タオル 梅・加賀屋 おもてなしタオル・
白織タオル・オーガニックタオル・さくら紋織・古色ゆかりいろ・ボタニカルガーゼ・千歳はんかち

[画像1: (リンク ») ]


「今治謹製」には、歴史ある今治タオル産地と職人が丹精込めて作り上げたという意味が込められています。
また、格調高い木箱にタオルを納め、贈り主の想いと確かな品質をお届けいたします。今治謹製は作り手、贈り手、貰い手のすべてがタオルを通じて繋がり「触れるたびに喜びを感じ毎日がもっと幸せになるタオル」を目指しております。

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]


□ デザイナー:スタイレム株式会社 ガーメント事業部 LS Grp. ギフトコミュニケーション課
平井賢二,池田訓子,田中厚美,山田梨都子,安井加奈,谷口あかり
アベデザインプロ株式会社 阿部真三
□ グッドデザイン賞ウェブサイト紹介ページ
(リンク »)


グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2017」に出展
本年11月1日(水)から東京ミッドタウンで開催される、最新のグッドデザイン全件が集まる受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2017」において、「今治謹製」が本年度受賞デザインとして紹介されます。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2017
会期:11月1日(水)~11月5日(日)
会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木)
(リンク »)

[画像4: (リンク ») ]


グッドデザイン賞とは
グッドデザイン賞は、1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞で、グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルとして広く親しまれています。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]