CBREが「日本の投資家によるアウトバウンド不動産投資 2017年上期」を発表 投資額は前年同期比23%増の13億ドル

シービーアールイー株式会社 2017年10月04日

From PR TIMES

間接不動産投資は地域分散が進むとみられる

CBRE(日本本社:東京都千代田区丸の内)は本日、「日本の投資家によるアウトバウンド不動産投資 2017年上期」を発表しました。当レポートは、日本の投資家による既存物件への直接投資のほか、不動産開発目的の投資や間接投資(=ファンドへのエクイティ出資などを通じた不動産投資)の動向についてまとめたものです。



2017年10月4日
■主なポイント

2017年上期(1月~6月)の日本の投資家によるアウトバウンド不動産投資額(既存物件への直接投資)は13億ドル、前年同期比23%増となりました。地域別ではそのほとんどが米州向けで、アセットタイプ別ではオフィスが引き続きもっとも多く、全体の88%を占めました。
不動産開発目的の投資も拡大が続いています。今期発表されたプロジェクトは事業費ベースで7億ドル、対前年同期比35%増となりました。2016年以降に発表され現在も進行中の開発は事業費ベースで19億ドルにまで積み上がっています。エリア別ではアジア太平洋地域が全体の95%を占めています。セクター別では複合施設が全体の38%、オフィスが30%を占めます。
さらに、足元の投資家動向や各社のリリースに基づくCBREの推計では、ファンドへのエクイティ出資などを通じた間接投資によるアウトバウンド不動産投資額は、今後数年の間に153億ドルにまで拡大する可能性があります。これは、2012年から2016年までの既存物件を対象にしたアウトバウンド直接不動産投資累計額91億ドルを上回る規模です。
日本の商社・不動産会社は海外を対象にした不動産ファンドの組成を加速させています。これら海外不動産ファンドが、低金利で運用難に直面している機関投資家や年金資金などの受け皿ともなることで、潤沢な資金が対外不動産投資に流入すると予想されます。



[画像: (リンク ») ]



CBREについて
CBREグループ(NYSE:CBG)は、「フォーチュン500」や「S&P 500」にランクされ、ロサンゼルスを本拠とする世界最大の事業用不動産サービスおよび投資顧問会社です(2016年の売上ベース)。全世界で75,000 人を超える従業員、約450 カ所以上の拠点(系列会社および提携先は除く)を有し、投資家、オキュパイアーに対し、幅広いサービスを提供しています。不動産売買・賃貸借の取引業務、プロパティマネジメント、ファシリティマネジメント、プロジェクトマネジメント、事業用不動産ローン、不動産鑑定評価、不動産開発サービス、不動産投資マネジメント、戦略的コンサルティングを主要業務としています。詳細につきましては日本国内ホームページwww.cbre.co.jp をご覧ください。
公式Twitterアカウント:@cbrejapan


※免責事項: 本文書は貴社の責任と判断で利用いただくものであり、弊社は、貴社又は第三者が本文書に基づいて行われた検討、判断、意思決定及びその結果について法律構成・請求原因の如何を問わず一切の責任を負わないものとします。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]