「マーケティングテクノロジーカオスマップ JAPAN 2017」を公表

アンダーワークス 2017年10月05日

From PR TIMES

広告からデータ分析、CRMまであらゆる領域のマーケティングテクノロジーを独自調査、10分野272製品/サービスを掲載

デジタルマーケティングの支援を行うアンダーワークス株式会社(以下:アンダーワークス、URL (リンク ») )は、日本国内において主要なマーケティングテクノロジー10分野272製品/サービスを「マーケティングテクノロジーカオスマップ JAPAN 2017」として公表しました。



[画像: (リンク ») ]


マーケティングテクノロジーとは
マーケティングテクノロジーとは、セールス・マーケティング領域において主にデジタルマーケティングへの取り組みを支える様々なテクノロジーを指します。
近年、生活者や企業の購買活動のデジタル化(デジタルシフト)によって、顧客接点のデジタル化が益々進んでいます。そうした環境の中、デジタル接点の最適化や顧客データを中心に様々なデータ活用を支援するテクノロジーが爆発的に増えてきています。全世界でのマーケティングテクノロジーは、chiefmartec.com においてスコットブリンカー氏によって取りまとめられた「Marketing Technology Landscape Supergraphic 2017」によれば、5,000以上存在すると示されています。
マーケティングテクノロジーの領域は、ネット広告からEメールマーケティング、Webサイト更新管理、データ分析、CRMまで多岐に渡り、様々なマーケティングテクノロジーを組み合わせて自社独自のマーケティングテクノロジー基盤(プラットフォーム)を構築し、デジタルマーケティングの成果を劇的に高めようという動きが活発化しつつあります。

「マーケティングテクノロジーカオスマップ JAPAN 2017」の特徴と公表の狙い
「マーケティングテクノロジーカオスマップ JAPAN 2017」は、アンダーワークスが独自調査を経て取りまとめたもので、国内で利用可能なマーケティングテクノロジーのうち、主要なものを10分野に分類し、272種類の製品/サービスを掲載しています。
製品/サービスのロゴを掲載するだけでなく、製品名/サービス名を併記することで、掲載されたテクノロジーを検索し詳細を比較・検討することを容易にしています。様々なマーケティングテクノロジーが日々新たに開発され、その領域・分野が交錯する中で、企業におけるマーケティングテクノロジーの導入前の比較・選定業務を効率化し、より成果につながるマーケティングテクノロジーの活用が進むことを期待しています。

PDF資料のダウンロード
本「マーケティングテクノロジーカオスマップJAPAN 2017」は、PDF形式で以下のURLからダウンロードすることが可能です。ダウンロードには、Eメールアドレスと姓を登録する必要があります。
(リンク »)

アンダーワークスについて
社名:アンダーワークス株式会社
設立:2006 年4 月
代表者:田島 学
事業内容:デジタルマーケティングのコンサルティング、マーケティングテクノロジーの導入・活用支援

アンダーワークス株式会社Web サイト
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。