千葉大学病院が開発した「SHACHI」とイオングループの薬局が連携し、地域住民の健康をサポート

国立大学法人千葉大学 2017年10月05日

From PR TIMES

千葉大学病院が開発した、地域医療連携システム「SHACHI(シャチ、Social Health Assist CHIba)」を2018年初頭より千葉県内イオン薬局28店舗にて導入を開始

「SHACHI」は千葉大学病院が開発した健康管理&情報共有アプリで、医療・介護関連機関での情報共有や、家族間での情報共有も可能です



千葉大学医学部附属病院(病院長 山本 修一 千葉市中央区亥鼻1-8-1)と、イオン株式会社(代表執行役社長 岡田元也 以下「イオン」)は、地域住民の健康増進を促進するため、千葉大学病院が開発した地域医療連携システム「SHACHI(シャチ、Social Health Assist CHIba)」を2018年初頭より千葉県内イオン薬局28店舗にて導入を開始し、千葉県内のウエルシア薬局への導入を順次拡大していきます。

「SHACHI」(シャチ、Social Health Assist CHIba)とは

SHACHIは、千葉大学病院が開発した健康管理&情報共有アプリで、患者さんはスマートフォンなどを用いて医療関連の情報を閲覧し、ご自身の健康情報を管理できるシステムです。
医療・介護関連機関や家族間でも情報を共有することができます。
また、患者さん本人の同意を前提とし、医療機関は診療に関する記録を登録したり、他施設から記録も閲覧したりできるようになります。
[画像1: (リンク ») ]

千葉大学病院ではデータの自動登録を開始し、患者さんおよび地域の医療機関、介護施設等に対する情報提供を進めます。


安心して療養できる基盤づくりを推進

イオングループの薬局ではSHACHIに登録された情報を活用することで、重複処方の回避はもとより、一人ひとりの病状に合わせた服用相談など、かかりつけ薬局としての機能強化につなげます。

[画像2: (リンク ») ]

SHACHIは、総務省「クラウド型EHR高度化事業」に採択されており、システム間を連携する基盤を整備し、データの共有を進めることを目指しており、その一環としてイオングループと連携します。
今後も、医療機関、介護施設等との連携を進め、千葉市、市原市を中心とする患者さんが安心して療養できる基盤づくりを促進していきます。

[画像3: (リンク ») ]



あなたと家族の健康を支える!

《参考》
SHACHIホームページ  (リンク »)
ポケットファーマシー  (リンク »)
総務省「クラウド型EHR高度化事業」に係る交付先候補の決定
(リンク »)


[画像4: (リンク ») ]


千葉大学病院HP  (リンク »)
千葉大学HP    (リンク »)

〔本件に関するお問い合わせ先〕
千葉大学病院 SHACHI事務局(地域医療連携部内)
Tel:043-226-7171(代表)(内線6667)
E-mail:kourei-iryou@chiba-u.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]