「コミュニケーションパートナー ここくま」のおはなし機能が進化

BCC株式会社 2017年10月10日

From PR TIMES

~家族ツナグPROJECTに新たに5社が加わる~

株式会社こころみ(以下、こころみ)、テックファーム株式会社(以下、テックファーム)、BCC株式会社(以下、BCC)、株式会社フュートレック(以下、フュートレック)、HOYA株式会社(以下、HOYA)の5社は、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)が家族のコミュニケーション活性化のために立ち上げた「家族ツナグPROJECT(R)」(以下、家族ツナグPROJECT)に加わります。これにより2017年1月に発売したコミュニケーションロボット「コミュニケーションパートナー ここくま(R)」(以下、ここくま)の おはなし機能を、高齢者にとってよりスムーズで、より愛着を感じていただけるものに進化させていきます。



「ここくま」は、離れて暮らす家族と音声メッセージで連絡が取れ、人感センサーの反応で天気や 季節の話題などを話しかけるクマのぬいぐるみ型コミュニケーションロボットです。2017年1月25日(水)の発売以来、話しかける会話シナリオは内蔵のLTEモジュールを通じて日々追加されてきました。 この度、「家族ツナグPROJECT」に様々な強みを持った5社が加わることで、会話シナリオだけではなく、 より一層お客さまに喜んでいただけるおはなし機能を提供できるようになりました。

本件では、こころみは高齢者向け会話サービスの知見を活かした高齢者の情緒に寄り添う会話シナリオ の作成、テックファームは「しゃべってコンシェル(R)」における意図解釈サーバ開発など豊富な開発実績と 高い技術力を活かしたおはなし機能の構築を支援します。またBCCは「介護レクリエーション」で培った 介護現場における人脈を活かしたおはなし機能の検証と導入支援、フュートレックは高齢者の音声に 特化した音声認識モデルの開発によるお客さまの音声の認識精度向上、HOYAは「VoiceText」の 歌声合成により童謡などを歌わせる技術を提供します。

合わせて9社となった「家族ツナグPROJECT」では、高齢者に笑顔や感動を届け、離れて暮らす家族の コミュニケーションを活性化する商品を今後も開発してまいります。
[画像1: (リンク ») ]


*「コミュニケーションパートナー ここくま」「家族ツナグPROJECT」「しゃべってコンシェル」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

「コミュニケーションパートナー ここくま」概要
1. 商品概要
商品概要一覧表
[画像2: (リンク ») ]



2. 商品ホームページ
(リンク »)

3. 主な機能
主な機能一覧表
[画像3: (リンク ») ]

4. 各社の役割
各社の役割一覧表
[画像4: (リンク ») ]


5.お客さまからの商品に関するお問い合わせ先
• イワヤ株式会社
問い合わせ窓口 : 03-3848-5111

※1 サービス利用にあたっては月額サービス利用料1,980円(税抜)がかかります。
※2 従来型の携帯電話をお使いの場合は専用アプリからテキストメッセージでの送信となり、
   「ここくま」本体で再生される場合は、オリジナルの音声でメッセージを読み上げます。
※3 携帯電話・スマートフォンで事前登録が必要です。



参考 各社概要
[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]

[画像9: (リンク ») ]

[画像10: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]