楽天、子どもが夢中になるおもちゃを選出する「楽天おもちゃ大賞2017 supported by 楽天ママ割」を創設

楽天株式会社 2017年10月11日

From PR TIMES

- クリスマスに先駆け、一般ユーザーによるウェブ投票を開始 - 

楽天株式会社(東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、「楽天市場」で取扱う数十万点を超えるおもちゃの中から、子どもが夢中になるおもちゃを選出する「楽天おもちゃ大賞 2017 supported by 楽天ママ割」(以下、楽天おもちゃ大賞)を創設することになりましたのでお知らせ致します。本日10月11日から特設ページ( (リンク ») )にて、一般ユーザーによるウェブ投票を開始します。



楽天はおもちゃが本来持つ「純粋な楽しさ」に着目し、主に子育てに携わる「楽天市場」ユーザーに向けて、子どもが楽しみ、夢中になれるようなおもちゃを選びやすくするために「楽天おもちゃ大賞」を創設します。「楽天おもちゃ大賞」では、以下の5部門を設けます。


(部門1)子どもがとにかく夢中になってしまう「ぞっこんおもちゃ賞」
(部門2)ぐずって寝てくれないときに助けてくれる「ぐっすりおもちゃ賞」
(部門3)両親や友達と仲良く遊ぶことができる「仲良しおもちゃ賞」
(部門4)遊んでいる姿が愛らしい「きゅんとするおもちゃ賞」
(部門5)「今年話題のおもちゃ賞」

上記(部門1)から(部門4)については、「楽天レビュー4.5点以上」、「レビュー投稿数30件以上」の条件を満たした選りすぐりの商品を「楽天おもちゃ大賞」実行委員会がノミネート商品として選定しています。本日から開始する一般ユーザー投票の得票結果のほか、東京大学大学院教授で「赤ちゃんラボ」代表の開一夫氏、玩具研究家で「キッズいわき ぱふ」代表の岩城敏之氏および「楽天おもちゃ大賞」実行委員会による最終審査を経て決定します。(部門5)については、今年ニュース等で取り上げられ、話題を集めたおもちゃの中から実行委員会が選定します。計5部門の審査結果を11月16日に開催予定の「楽天おもちゃ大賞表彰式」で発表する予定です。


楽天市場では2016年から、「楽天ママ割」(注)という、子どもの月齢に合わせた特典やサービスが受けられる会員制サービスを始めていますが、子どもとの「関係性」「遊び」に関するご意見やお悩みが数多く寄せられています。一方で、「楽天ママ割」調べの意識調査によると94.2%の親が「子育てでおもちゃがあって助かった」経験があるという結果が出ています。「楽天おもちゃ大賞」は、「知育や学習への効果」とは別の視点で、おもちゃがもともと持っている「楽しさ」に着目したおもちゃ選びを提案することで、より良い親子関係づくりへの貢献を目指します。


楽天は、今後も「Shopping is Entertainment!」を掲げ、ユーザーによりお買いものを楽しんでいただけるよう、様々な企画を推進してまいります。


■□■ 「楽天おもちゃ大賞supported by 楽天ママ割」開催概要 ■□■

■「楽天おもちゃ大賞2017 supported by 楽天ママ割」とは
「楽天市場」で取扱う数十万点を超えるおもちゃの中から、子どもが夢中になるおもちゃを選出し表彰する企画です。主に子育てに携わる「楽天市場」ユーザーに向けて、子どもが楽しみ、夢中になれるようなおもちゃを選びやすくするために創設され、今年が初開催です。
「楽天レビュー4.5点以上」、「レビュー投稿数30件以上」の条件を満たした選りすぐりの商品をノミネート商品として選定し、一般ユーザー投票や、特別選考委員および「楽天おもちゃ大賞」実行委員会による最終審査を経て決定します。
「楽天おもちゃ大賞」は、「知育や学習への効果」とは別の視点で、おもちゃが本来持つ「純粋な楽しさ」に着目したおもちゃ選びを提案することで、より良い親子関係づくりへの貢献を目指します。


■部門
「楽天おもちゃ大賞」では以下の5つの部門を設けます。
(部門1)子どもがとにかく夢中になってしまう「ぞっこんおもちゃ賞」
(部門2)ぐずって寝てくれないときに助けてくれる「ぐっすりおもちゃ賞」
(部門3)両親や友達と仲良く遊ぶことができる「仲良しおもちゃ賞」
(部門4)遊んでいる姿が愛らしい「きゅんとするおもちゃ賞」
(部門5)「今年話題のおもちゃ賞」


■選考の流れ
上記(部門1)から(部門4)については、一般ユーザーの投票を含む、以下の3つのステップで選考します。(部門5)については、今年ニュース等で取り上げられ、話題を集めたおもちゃの中から実行委員会が選定します。


ステップ1:ノミネート商品の決定
楽天レビュー4.5点以上、レビュー投稿数30以上の条件をクリアした商品の中から、「楽天おもちゃ大賞」実行委員会による厳正な審査を経て、以下の部門ごとに一般ユーザー投票に進出する商品を決定


ステップ2:一般ユーザー投票
特設ページにて一般ユーザーからオンライン投票を受付。楽天IDをお持ちの方は各部門(上のA~F)それぞれ1商品ずつ投票可
・投票受付開始期間:2017年10月11日(水)10:00~2017年10月25日(水)9:59
・URL: (リンク »)


ステップ3:最終選考会
一般ユーザー投票結果を踏まえ、選考委員である東京大学大学院教授・開一夫氏、玩具研究家・岩城敏之氏、および楽天おもちゃ大賞実行委員会による最終選考会を経て、各部門1商品ずつ決定


■ノミネート商品一覧
一般ユーザーは特設ページから以下のノミネート商品の中から1商品に投票できます。

[表: (リンク ») ]




■特別選考委員プロフィール
[画像1: (リンク ») ]

開一夫(ひらき かずお)氏
東京大学大学院総合文化研究科広域システム科学系教授
慶應義塾大学大学院理工学研究科博士課程修了、博士(工学)。専門は、赤ちゃん学、発達認知神経科学、機械学習。監修にあかちゃん学絵本「うるしー」「もいもい」「モイモイとキーリー」(いずれも株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン)、著書に「赤ちゃんの不思議」(岩波書店、2011)など。
開一夫研究室ホームページ (リンク »)


[画像2: (リンク ») ]

岩城敏之(いわき としゆき)氏
玩具研究家、キッズいわき・ぱふ代表取締役
同志社大学経済学部卒業。 1987年、絵本とヨーロッパの玩具の店「ぱふ」を開業。子どもたちにおもちゃを貸し出し、遊ぶ様子を見ながら、子どもの遊びの環境や玩具・絵本について、幼稚園、保育園、児童館の職員研修の講師として活動。著書に「大人も感動する 幼児のおもちゃ~子どもを伸ばすおもちゃの選び方と遊び方~」(三学出版、2016)、「赤ちゃんのおもちゃ」(三学出版、2012)など。
キッズいわき ぱふ ホームページ (リンク »)


(注)「楽天ママ割」とは
「楽天ママ割」とは、子育て中のママに嬉しい実用的な情報やクーポン、プレゼントがもらえるメンバープログラムです。2016年に開始された「楽天ママ割」は、楽天に在籍する現役の子育て世代の社員達の体験や知見を活用しながら、妊娠、出産、育児に関するママ・パパの困り事の解決に役立つ情報や、子育てがもっと楽しくなる様々な嬉しい特典を提供し、子育てを応援します。無料で登録が可能で、「楽天ママ割」に登録したユーザーは、子どもの月齢に合わせた特典など様々なサービスが受けることができます。楽天ママ割: (リンク »)

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]