エイチ・シー・ネットワークス、IBM製品の取り扱い開始

HCNET 2017年10月12日

From PR TIMES

~「IBM QRadar Security Intelligence Platform」「IBM Security Guardium」「IBM Aspera」「IBM SPSS」~

 このたび、エイチ・シー・ネットワークス株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長 大江愼一)は、IBMのソフトウエア製品の取り扱いを開始しました。対象は、セキュリティ製品の「IBM QRadar Security Intelligence Platform」および「IBM Security Guardium」、高速ファイル転送ソリューションの「IBM Aspera」、アナリティクス製品の「IBM SPSS」となります。
 IBM製品を取りそろえ、さらなるセキュリティの高いネットワークシステムを提供します。



[画像: (リンク ») ]



■IBM QRadar Security Intelligence Platform
IBM QRadar Security Intelligence Platformは、セキュリティ情報とイベント管理、ログ管理、異常検出、インシデント・フォレンジック調査、脅威への対応など、ぜい弱性を回避するためのさまざまな管理を統合するアーキテクチャーを提供します。

■IBM Security Guardium
IBM Security Guardiumは、データベース監査ログを一元管理し、ログ収集、加工、レポート出力、確認までに関わる膨大な工数を削減し、DBA(データベース・アドミニストレーター)をはじめとするデータベースアクセスをリアルタイムに監視しながら、既存環境のパフォーマンスへの影響を最小限に抑えることが可能なソリューションを提供します。

■IBM Aspera
IBM Asperaは、ファイル・サイズ、転送距離、ネットワークの状態に関係無く、大容量のファイルおよびデータ・セットを、安全で信頼性のある伝送方式により、既存の広域ネットワーク(WAN)のインフラストラクチャーを介して高速で転送します。このファイル転送ソフトウエアは、低速ネットワークを使用した遠隔地を含む複数の拠点間で、タイム・クリティカルなファイルを転送できるクライアント・サーバー型ソフトウエア・パッケージで構成されています。

■IBM SPSS
IBM SPSSは予測分析ソフトウエアです。予測分析はモデル分析といった一般的には難しい作業になりますが、IBM SPSSは幅広い製品群を用意しており、お客さまの要望に合わせた分析機能を提供します。

■エイチ・シー・ネットワークス株式会社
エイチ・シー・ネットワークスは、高品質&信頼ネットワークの提供をビジョンとするネットワークインテグレーション会社です。30年以上のシステム構築実績を生かし、「ネットワーク」、「セキュリティ」、「ビジュアルコミュニケーション」、「トータルマネジメントサービス」のフィールドで、提案から構築・保守までワンストップでトータルネットワークソリューションを提供しています。詳細は以下のURLからご覧いただけます。
(リンク »)

■本ニュースリリースに関するお問い合わせ
〒111-0053
東京都台東区浅草橋1-22-16ヒューリック浅草橋ビル4F
エイチ・シー・ネットワークス株式会社 営業本部 営業企画グループ
お問い合わせURL: (リンク »)

■登録商標
HCNETおよびそのロゴは、エイチ・シー・ネットワークス株式会社の商標または登録商標です。
本ニュースリリースに記載されているその他の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

本ニュースリリース記載の情報(製品・サービスの内容、仕様、価格、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]