病院向けIoT身体機能計測アプリ「モフ測」の実証実験開始

Moff 2017年10月12日

From PR TIMES

リハビリで変わっていく実感を日々フィードバック。ボディイメージを可視化し、転倒予防対策などを支援します。

株式会社Moff(代表取締役社長:高萩昭範、以下「Moff」)は、株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森崎孝、以下「MRI」)との提携により、病院向けのウェアラブルIoT身体機能計測サービス「モフ測(商標登録申請中。以下「モフ測」)」の開発を進めています。ウェアラブル端末「Moff Band」を用い、病院でリハビリテーションを受けている方々の歩行や関節可動域、作業能力など各種身体機能を計測し、結果を視覚的にフィードバックするものです。11月より実証実験を開始します。



▼モフ測URL
(リンク »)

[画像: (リンク ») ]


▼背景
MoffとMRIは、ウェアラブル端末「Moff Band」を用いたIoT高齢者の自立支援サービス「モフトレ」を開発、販売開始していますが、これに続く第2弾として「モフ測」の開発を進めてきました。
2016年12月
 ウェアラブルIoTを活用したウェルネス新サービス展開を目的とする業務・資本提携を締結
2017年8月
 介護事業者向けに、高齢者の自立支援サービス「モフトレ」の販売を開始
2017年11月
 病院等でのリハビリテーションを支援する「モフ測」の実証実験を開始

▼「モフ測」の概要
「モフ測」は、病院などでリハビリテーションを受けている方々の各種身体機能を計測・見える化するサービスです。
IoTウェアラブル端末(Moff Band)とタブレットだけで、手軽に短時間で、歩行、バランス、関節可動域などの動作・作業能力を計測、見える化することが可能です。
プログラムとして、以下4項目に対応するアプリ機能やダッシュボードを開発中です。

歩行フィードバック:TUGや10m歩行におけるバランスや足の運びを評価
作業フィードバック:腕の動きをリアルタイムの3Dモデルで表現、可動域を計測・記録
バランスフィードバック:片脚立位など静止時のバランス能力を評価
ROMチャレンジ:関節可動域を手軽に計測・記録


入院中にリハビリテーションを受けている方々に、歩行や関節可動域などの身体機能をわかりやすくフィードバックすることで、退院に向けた継続努力の動機づけにつながることが考えられます。また、病院では転倒予防対策が長年の課題となっていますが、入院患者にボディイメージのズレを自覚してもらうことで、転倒予防対策にもつながることが期待されます。


▼実証実験の概要と今後の予定
11月より、複数の医療機関にご協力いただき本サービスの実証実験を行います。
製品化に向けた改善意見を集め、これらの結果をもとに機能やユーザビリティを高めていく予定です。

同サービスは、10月28日~29日に行われる第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会(大阪)に、試作品を出展します。(ブース番号27番)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。