【アラームボックス】リーガル賃貸保証株式会社との業務提携のお知らせ

アラームボックス株式会社 2017年10月16日

From PR TIMES

当社は、リーガル賃貸保証株式会社(所在地:東京都新宿区 代表取締役 虎石 克、以下「リーガル賃貸保証」といいます)とビジネス家賃保証サービスである「事業用・テナントプラン」(以下、「本サービス」といいます)に関する業務提携を行い、同サービスの提供を共同で開始することになりましたのでお知らせいたします。



[画像1: (リンク ») ]
■本業務提携の背景と目的

リーガル賃貸保証は法令遵守を徹底した日本初の賃貸保証会社として専属の顧問弁護士を配備し、コンプライアンスを重視した、家賃保証事業を全国展開しております。同社では、個人の居住用賃貸物件を中心に扱っており、事業用の取扱いは一部となっておりました。

一方で、不動産管理会社からは、中小・ベンチャー企業などの事業会社を中心に、事業用物件にも幅広い保証範囲に対応してほしいという声が多く寄せられていました。
こうした背景により、リーガル賃貸保証のビジネス家賃保証の新商品である本サービスを中小企業向けの審査に強みを持つ当社とリーガル賃貸保証にて共同開発し、開始することになりました。


■本サービスについて
本サービスは、オフィスや店舗など事業用物件の、滞納家賃保証をおこなうサービスです。保証限度が賃料等の24か月分と大きく、連帯保証人・代表者保証が不要であり、必要書類を最低限に抑えた利便性の高さが特徴のサービスです。
今回リーガル賃貸保証では、すでに居住用賃貸物件に関する保証で取引のある数千社の不動産管理会社を中心に、本サービスの利用促進や顧客フォロー、また新たな不動産管理会社の開拓などの営業面から、契約書締結や回収などの実務を担当し、当社は審査および再保証によるリスクの引受けを行います。

当社は、オンラインデータを活用したフィンテック領域の与信管理サービス「アラームボックス」を提供しています。同サービスで蓄積した信用リスク管理に関するデータやノウハウ等を生かし、本サービスの審査モデルを開発しました。これにより、審査承認率を高めると同時に、モニタリング機能により入居企業の異常を発見しやすくするなど、早期に関連当事者同士で協議などができる体制を整えていきます。


今後も当社では、フィンテックおよび周辺領域のサービスから得る様々なデータやノウハウを蓄積し、テクノロジーによって解決できる分野を見出し、更なるサービスの改良、開発を進めていきます。


■提携先企業概要


[画像2: (リンク ») ]


リーガル賃貸保証株式会社
所在地:東京都新宿区大久保2-5-23 新宿辻ビル10F
代表者:代表取締役 虎石 克
URL: (リンク »)

■アラームボックス会社概要
[画像3: (リンク ») ]


会社名:アラームボックス株式会社
代表者:代表取締役 武田浩和
設立 :2016年6月
資本金:1.13億円
株主 :経営陣
株式会社信用交換所大阪本社
株式会社オフィスバスターズ
みずほキャピタル株式会社
KLab Venture Partners株式会社
デジタルハリウッド株式会社
日本ベンチャーキャピタル株式会社
URL : (リンク »)

【本件に関するお問い合わせ】
アラームボックス株式会社
経営企画部 具志堅  TEL:03-6274-8012 Mail:info@alarmbox.co.jp 

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。