「こども宅食」LINEでの申込が想定の3倍!申込総数458件のうちLINEが351件

認定NPO法人フローレンス 2017年10月16日

From PR TIMES

 認定NPO法人フローレンス・一般社団法人RCF、NPO法人キッズドア・一般財団法人村上財団・認定NPO法人日本ファンドレイジング協会・文京区は、コンソーシアムを形成し、経済的に厳しい文京区内の子育て世帯に、企業・フードバンク等から提供を受けた食品等を宅配する「こども宅食」を7月20日に立ち上げました。ご自宅に1~2ヶ月に一度食品を届け、新しいセーフティネットをつくる取り組みです。



■ LINEを活用した利用申込に活路

「こども宅食」では、利用の申込を手軽にしたことで、150世帯の申込枠に対し、458件のお申込をいただきました。そして、そのうち351件が、LINEからのお申込でした。
[画像1: (リンク ») ]



行政や民間の福祉サービスの課題のひとつに、利用者が「申込を完了するまでのハードルが高い」ことが挙げられます。書類を揃えたり、役所に行く暇も無い、等の理由から支援に繋がらないという課題がありました。

こども宅食のご利用案内は、ひとり親家庭等の対象世帯宛に、区より郵送されます。案内に記載されたQRコードをLINEアプリで読み取り、LINEで送られてきたフォームから申し込むと、米や飲み物・料理しやすいレトルト食品などがご自宅に宅配されます。

■ 10月15日から、第1回目の宅配を実施

こども宅食は、LINEを活用し、周りの目を気にせず、簡単な申込が出来るようにしたことで、これまでの支援方法の課題に対して、一つの解を出すことが出来ました。

10月15日には、第1回の配送を行い、LINEでお届けした食品についてのアンケートを実施します。こども宅食では、今後も、新たなセーフティネットをつくるべく挑戦を続けてまいります。
[画像2: (リンク ») ]



[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]