「GUARDIANWALL Webファミリー」の新バージョン 「GUARDIANWALL WebFilter」Ver1.1を提供開始

キヤノンITソリューションズ株式会社 2017年10月17日

From PR TIMES

~外部攻撃対策機能を強化し、より安全なWeb通信を実現~

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神森晶久、以下キヤノンITS)は、Web情報漏えい対策・フィルタリングソリューション「GUARDIANWALL Webファミリー」の新バージョン、「GUARDIANWALL WebFilter」Ver1.1を、2017年10月30日より提供開始します。標的型攻撃などの外部攻撃対策機能を大幅に強化しました。



[画像1: (リンク ») ]

 巧妙化、高度化した標的型攻撃が日々増加しており、「情報漏えい対策」は企業にとって大きな課題となっています。また、働き方改革による業務環境の多様化やクラウドサービスの本格普及に伴いWebを利用した業務の重要度は増しています。一方で、Webアクセスの制御においては業務に支障を与えず適切かつ柔軟な管理を要求され、ユーザーが意識することなく最新の脅威に対応することが急務となっています。
 「GUARDIANWALL WebFilter」は、Webサイトへのアクセスをカテゴリごとに制御し、業務外のWeb利用の抑制に加え、外部へ送信される情報(WebメールやSNSなどに添付されるファイル内のテキスト情報を含む)を検査する機能により、Webからの情報漏えいを防ぐソリューションです。
 新バージョンでは、既知の脅威である危険なWebサイトへのアクセスを防ぎつつ、未知の脅威となるマルウェアによる不正通信を検知/遮断し、かつその通信を可視化する、外部攻撃対策機能の強化を行いました。業務の流れやクラウドサービスの利便性はそのままに、マルウェアの感染予防から、情報流出の抑止、感染拡大の阻止と、多層型の外部攻撃対策により、安全なWeb通信を実現します。

< 外部攻撃対策の機能強化項目 >
● 6億人が利用するURL情報を用い危険なサイトへのアクセスを遮断し、マルウェア感染を予防
● 独自解析技術を用いて、マルウェア感染端末特有の不正通信を検知/遮断し、情報流出を抑止
● 不正通信履歴から自動学習することで、類似する通信を遮断し、感染拡大を阻止
● 通信ログの管理機能強化により、監視負荷を軽減、マルウェア潜伏予見を支援

 キヤノンITSは、今後も増加する標的型攻撃への対応など、ユーザーからの要望に応えた製品強化を進めます。また、国内外のベンダーと積極的に「共創」を進め、総合情報漏えい対策ソリューション「GUARDIANWALL シリーズ」のラインアップ拡充を図ることで、より広範囲の情報漏えい対策を提供いたします。

<GUARDIANWALL WebFilter新バージョン概要図>

[画像2: (リンク ») ]



<機能強化項目詳細>
■外部攻撃対策の強化
・6億人が利用するURL情報を用い危険なサイトへのアクセスを遮断し、マルウェア感染を予防
全世界6億人以上の利用実績があるURLフィルタリングデータベースを用い、Webアクセスの都度、最新のURLカテゴリを判定する方式を採用しました。世界の200を超える収集源からリアルタイムに更新される「URL情報」をもとに、外部攻撃や犯罪に多く用いられる、特に海外の危険なWebサイトへのアクセス遮断精度を向上し、マルウェアへの感染予防対策を実現します。また、Webサイトのカテゴリ判定率・更新率の大幅な向上により、既知のURLのほぼ全てをカテゴライズします。これにより、カテゴリごとの厳密なWebアクセス制御を実現するとともに、カテゴリ未登録の不審なURLへはアクセスを禁止した場合、より安全にWebを利用いただけます。
[画像3: (リンク ») ]

・独自解析技術を用いて、マルウェア感染端末特有の不正通信を検知/遮断し、情報流出を抑止
マルウェアに感染した端末が外部と不正に通信する際の、特有の通信を検知し、遮断します。フィルタリング技術に基づく独自の解析により、Webブラウザーからの通常のWebアクセスと、不正通信との差異を検知します。外部との不正な長時間接続を遮断するコネクトバック通信検知機能※に加え、通信先が未知のURLであった場合の不正通信遮断のさらなる強化を実現し、情報漏えいを未然に防ぎます。

・不正通信履歴から自動学習することで、類似する通信を遮断し、感染の拡大を阻止
過去に検知/遮断した不正通信の通信先URLや認証名、User-Agentを学習しブラックリストへ自動登録することで、類似通信を検知した際にあらかじめ指定したアクセス制御を即座に適用します。特にコネクトバック通信検知機能の検知から遮断まで一定の時間を必要とする点を補い、同じ感染端末から繰り返される不正通信や、新たに感染した別端末からの不正通信の自動かつ迅速な遮断を実現し、情報漏えい被害の拡大を防げます。

・通信ログの機能強化により、監視負荷を軽減、マルウェア潜伏予見を支援
一見では判読が困難な不審な通信ログを、Webアクセスの統計情報メニューから容易に確認ができるようになりました。不審な通信を可視化することで、システム管理者によるWeb通信の監視負荷を低減させ、マルウェア感染の早期発見を支援します。
・危険なURLカテゴリと判定されたWebサイトへのアクセス統計情報
・存在しないIPアドレス/URLへのアクセスなど、通信の確立に失敗したアクセス統計情報
・一般的にマルウェアでは対応していないプロキシ認証への失敗の統計情報

■その他強化機能
・Webメールやメッセンジャーのログ閲覧機能の対象サービスを更新(Outlook.com など)
・ユーザー要望に基づくユーザーインターフェースの改善(オンラインヘルプの充実 など)
・送信データのファイル形式やファイル内キーワードの検査機能がOffice 2016形式に対応

※ コネクトバック通信の検知機能について
コネクトバック通信とは、マルウェアに感染した端末側から外部へ発信を行い、攻撃者に接続する通信方式です。コネクトバック通信検知機能では、指定時間を超えて接続する同一通信を自動で遮断します。

<初年度一般向けLinux版ライセンス 価格例>

[表: (リンク ») ]



                <GUARDIANWALL WebFilter概要図>

[画像4: (リンク ») ]


<稼働環境>
■Linux版


[画像5: (リンク ») ]

■仮想アプライアンス版 (2017年11月リリース予定)


[画像6: (リンク ») ]


<GUARDIANWALL シリーズについて>

[画像7: (リンク ») ]



「GUARDIANWALLシリーズ」は、「GUARDIANWALL Mailファミリー」、「GUARDIANWALL Cloudファミリー」、「GUARDIANWALL Webファミリー」から構成する、総合情報漏えい対策ソリューションです。企業活動に欠かせないメールとWeb、利用拡大しているクラウドサービスにおいて、重大なセキュリティ事故につながる情報漏えいを防止する、ソリューション群を提供しています。

**********************************
● 報道関係者のお問い合わせ先:
キヤノンITソリューションズ株式会社
事業推進部 コミュニケーション推進課
03-6701-3603(直通)

● 一般の方のお問い合わせ先 :
キヤノンITソリューションズ株式会社
基盤・セキュリティソリューション企画センター
03-6701-3336(直通)
**********************************

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]