不足する保育者問題を解決「法人向けシッター出張サービス」をキッズラインが提供開始

株式会社キッズライン(KIDSLINE inc.) 2017年10月18日

From PR TIMES

保育士が不足している教育現場や、新たに子育て世代のお客様を集客したい企業などの課題解決を目指す

1時間1000円~スマホで呼べるベビーシッター「キッズライン」を運営する株式会社キッズライン(本社:港区六本木/代表取締役社長:経沢香保子)は、保育園や企業がオンライン上で即時ベビーシッターを手配できる「法人向けベビーシッター出張サービス」をスタートさせた。保育士が不足している保育園や教育現場、新たに子育て世代のお客様を集客したい美容サロンなどの法人とキッズラインに登録しているベビーシッター約1000名をマッチングさせ、育児者不足問題を解決していく。



[画像1: (リンク ») ]



■保育園に保育士が足りない現状

2015年10月の全国の保育士有効求人倍率の平均は、1.93倍、全国で待機児童数が最も多く保育園が急増中の東京都では5.39倍となっております。(出所:保育分野における人材不足の現状1. - 厚生労働省調べ)これは1人の保育士に5カ所以上の保育施設が求人を出している状態です。

新規開設したけれど保育士が採用できずに開園ができない、急に欠員が出るとすぐに保育士の補充ができないなどの理由により子どもの受け入れ定員を減らさなくてはならなかったりという現状もあり、保育士不足が待機児童解消の大きな壁になっていることは明らかです。

また、土日の出勤や、残業など、保育士は長時間労働といわれています。病気で欠勤の場合など現場の人手不足は深刻です。急な欠員の場合は、運営に支障がでるのが現場の大きな悩みの一つとも言われています。


■保育士が潜在化する“本当”の理由は

厚生労働省の調べによると、保育所(認可保育園の正式名称)で働く保育士は約41万人(2013年)となっていますが、それに対し保育士資格を保有しながら保育士として仕事をしていない「潜在保育士」が70万人はいると言われています。なぜ保育士は潜在化してしまうのでしょうか。以前キッズラインでは「保育士として就業を希望しない理由」をアンケートにて調査したところ、以下のような結果になりました。

[画像2: (リンク ») ]

アンケート結果では、保育士採用が難しい理由として、「給料の安さ(72%)」という回答が最も多いものの、「残業など勤務時間の長さ(58%)」、「人間関係の難しさ(48%)」「保護者対応の大変さ(42%)」など回答者の半数前後が賃金以外の労働環境にも課題を感じていることがわかりました。(出所キッズライン×株式会社ウェルクス調べ:レポートの詳細は以下をご確認ください。)
(リンク »)
このアンケート結果からは、保育士不足について給与改善のみならず、多面的な労働環境の改善が必要であることが伺えます。


■保育園勤務から、自由なワークスタイルを求め、キッズラインのベビーシッターへ転向する傾向も

そのような背景の中、好きな時間に好きな時給で働くことができる、株式会社キッズラインのベビーシッター登録には元保育士や現役保育士からのベビーシッターへの応募が急増中です。保育士からベビーシッターへ転身する理由は、煩わしい人間関係がなく、自分の理想の個別育児を追求できること、勤務時間や時給を自由に決められることが魅力との声があがっており、同社にはベビーシッターに転身した保育士や、保育園勤務のかたわら、副業として働くベビーシッターが多数在籍しています。また、キッズラインのシッターの働く満足度調査では2年連続100%という実績。働く側に高い満足度を提供することができています。過去10万件以上のシッティング実績でも無事故で行われてきました。

そのため、サービス開始以来、同社を利用するユーザーなどを通じ保育士が不足している保育園や教育現場から、キッズラインに登録しているベビーシッターを手配してほしいとの要望も多く寄せらていたため、今回の新サービス【ベビーシッター出張サービス】をスタートさせました。


■保育園や企業向け【ベビーシッター出張サービス】とは?

「ベビーシッター出張サービス」とは、同社のこれまでの一般ユーザーが、スマホやPCでベビーシッターが呼べるマッチングシステムの利便性を生かし、保育園や企業などの法人もベビーシッターを呼ぶことができるサービスです。保育士を常に雇用するコストや採用時の研修が不要になるばかりでなく、急な欠員にも対応できます。キッズラインに所属する約1000名の多彩なベビーシッターとのスピーディーなマッチングが可能であることが強みです。登録料・年会費は無料で、実際にベビーシッターを利用した際にのみ、利用料金と手数料(20%)が発生する仕組みです。手配を希望する日時や場所、人数に加え、詳細な条件も指定可能で、ニーズにあったベビーシッターを迅速に確保することができます。

<初期導入費用・年会費は0円!まずはご利用登録を>

ご利用登録・ベビーシッターを探すことで発生する費用は0円です。ご利用登録はWEB上にて15分で完了し、ご利用審査通過後すぐに利用することが可能です。
詳細は以下ページからご確認ください。
(リンク »)

|本リリースの元記事はこちら|
(リンク »)

<報道関係者の皆様へ、取材のお願い>

私たちキッズラインは、女性が輝く社会の実現に向け、ママになっても輝ける社会づくりに邁進しています。そのため、日本に不足する育児システムを充実させるべく、「日本にベビーシッター文化」を掲げ、1時間1000円~スマホですぐによべるベビーシッターサービス「キッズライン」を展開しています。今回は、社会問題となっている待機児童対策の一環にもなると考え、本サービスをスタートさせました。ぜひ本件につきまして取材にご協力頂ければと思います。

■ KIDSLINE(キッズライン)とは
[画像3: (リンク ») ]


「キッズライン」は1時間1,000 円~即日手配も可能なオンラインベビーシッターマッチングサービス(iOSアプリでも利用可能)です。現在1000名以上の保育士や幼稚園教諭、東大生などの、弊社で面接および研修に合格したベビーシッターが登録しています。利用者は、事前に全サポーターの詳細なプロフィールや利用者全員の口コミ評価、Facebookで繋がる友人の利用サポーターを見ることが出来、安心して24時間オンラインで手配する事が可能なためユーザー数が増加、リピート率も約80%となっています。数多くのマスコミなどにも取り上げられ、最近では自治体や法人にも導入されたり、お料理も手伝ってもらえたり、育児相談に乗ってもらえると母親の力強いサポーターとして、利用の裾野を広げています。

■ 会社概要
株式会社キッズライン
代表者:経沢 香保子
事業内容:インターネットを使った女性支援事業、育児支援事業
所在地:東京都港区六本木5-2-3 マガジンハウス六本木ビル7F
URL: (リンク »)

■ 当記事に関するお問い合わせ先
メディア掲載・取材に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。

株式会社キッズライン 広報担当
取材依頼フォーム: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]