旅行業界初の試みとして、当社旅行サービスサイトにて新決済方法 Paidyを導入開始~メールアドレス・携帯電話番号・住所だけで簡単に決済ができるサービスを導入へ~

株式会社エボラブルアジア 2017年10月19日

From PR TIMES



 One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コード:6191、以下当社)は、当社旅行サービスサイトにて、株式会社エクスチェンジコーポレーション(本社:東京都港区、代表取締役:ラッセル・カマー、以下エクスチェンジコーポレーション)が運営する、オンライン決済サービスPaidy(ペイディー)を旅行業界初の試みとして、導入いたします。
[画像: (リンク ») ]

■Paidyとは
 Paidy は、オンラインショッピング時にメールアドレスと携帯電話番号を使用してリアルタイムで決済を行うことができるサービスです。クレジットカード情報などの事前登録は必要なく、本人確認は SMS(ショートメール)もしくは自動音声で案内する認証コードによって瞬時に行われるため、ユーザーが「買いたい」と思ったその時に、簡単にお買い物をすることができます。Paidy で決済した代金は、まとめて翌月にコンビニエンスストアや金融機関でお支払いいただけます。ユーザーは安心・簡単・便利にオンラインショッピングを楽しむことができます。
 Paidyの詳細ページはこちら。 (リンク »)

■当社旅行サービスサイトでの導入について
 従来、当社旅行サービスサイトにおいてはユーザーが航空券を購入する際、クレジットカード決済、コンビニ決済、銀行ATM・ネットバンキング(Pay-easy)での決済の3つの決済方法からご選択頂いておりました。このたび、Paidyを導入することで、クレジットカードを持っていないユーザーも、相対的に手間のかかるコンビニ決済を利用せず、他のどの決済方法よりも簡単に、メールアドレス・携帯電話番号・住所だけをご入力いただくだけでその場で決済ができるようになります。また、購入後のユーザーへのご請求については、Paidyからユーザーへ直接おこなわれます。なお、今回の導入を記念して、共同でキャンペーンを実施いたします。

 この度のPaidyの導入は、旅行業界においては初の試みとなり、従来のどの決済方法よりも簡単にご利用いただけることから、当社旅行サービスサイトをご利用になるユーザーに対し、より使いやすいサービスを提供できると考えております。

 今後も当社はより良いサービスの提供につとめるとともに、さらなる事業拡大、発展に邁進してまいります。

■業績に与える影響
 今期の当社の業績へ与える影響は軽微と見込んでおります。今後、変更の必要が生じた場合には適時にお知らせいたします。

【株式会社エクスチェンジコーポレーション】
本社 :東京都港区六本木3-16-26ハリファックスビル3階
社名 :株式会社エクスチェンジコーポレーション
代表者:代表取締役 ラッセル・カマー
資本金:894,000,000円(2017年8月24日現在)
URL: (リンク »)

【株式会社エボラブルアジア】
本社  :東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー19階
社名  :株式会社エボラブルアジア
代表者 :代表取締役社長 吉村 英毅
資本金 :1,029,636千円(払込資本 1,864,271千円)
URL : (リンク »)

【当社サービスサイト】
総合旅行プラットフォーム エアトリ    : (リンク »)
エアトリ 海外航空券            : (リンク »)
エアトリ 海外ホテル           : (リンク »)
総合旅行販売サイト TRIP STAR      : (リンク »)
国内航空券予約サイト 空旅.com      : (リンク »)
ビジネストラベルマネジメント(BTM)事業  : (リンク »)
ITオフショア開発事業           : (リンク »)
【当社IRサイト】             : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。