知ろうAMR、考えようあなたのクスリ 第2弾インフォグラフィックで知る薬剤耐性(AMR)Vol.2「薬剤耐性の脅威とは?」を10月20日(金)より公開

国立研究開発法人 国立国際医療研究センター病院 AMR臨床リファレンスセンター 2017年10月20日

From PR TIMES

(リンク »)

国立国際医療研究センター病院AMR臨床リファレンスセンター(厚生労働省委託事業)は、国際的に脅威となっている薬剤耐性(AMR)対策の普及啓発活動の一環として、国民の皆様によりわかりやすく理解を深めていただくために、インフォグラフィックによる「知ろうAMR、考えようあなたのクスリ 第2弾“薬剤耐性の脅威とは?”」( (リンク ») )を10月20日(金)より公開いたします。



[画像1: (リンク ») ]

薬剤耐性(AMR)とは、病原体が変化して抗菌薬・抗生物質が効かなくなる問題です。このまま対策を行わないと、2050年には 1,000万人(3秒に1人※) の死亡が想定され、現在のがんによる死亡者数を上回ることが指摘されています。
※英国薬剤耐性に関するレビュー委員会(オニール委員会)第一次報告(2014年12月)

今回は、そんな「薬剤耐性の脅威」をテーマに、より理解が深まるよう、「薬剤耐性が原因での年間死亡者数」や「薬剤耐性及びその他の主な死亡原因」「発症と感染」についてインフォグラフィックにまとめました。
(リンク »)


[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]

2050年には日本を含むアジア圏での死亡者数が全体の約5割を占めると予想されています。
わが国がアジアのリーダーシップをとり、国際的視野で多分野と協働し、国際協力を図りながら薬剤耐性(AMR)の発生を遅らせ、拡大を防ぐAMR対策を推進させていきます。


[画像6: (リンク ») ]

[画像7: (リンク ») ]

薬剤耐性(AMR)の拡大を防ぐためにも、発症と感染のメカニズムを正しく知り、抗菌薬を服用する際は、医師や薬剤師の指示を守って、適切な量を適切な期間、服用しましょう。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]