トリプルM.2、10G LAN採用で圧倒的なスピードを誇るIntel X299搭載型EATXゲーミングマザーボード

ASUS JAPAN株式会社 2017年10月24日

From PR TIMES

ASUS JAPAN株式会社は2017年10月24日、トリプルM.2、10G LAN採用で圧倒的なスピードを誇るIntel X299搭載型EATXゲーミングマザーボード「ROG RAMPAGE VI EXTREME」を発売することを発表いたしました。2017年10月25日より販売を開始する予定です。



○発表製品

-----------------------------------------------------------------------
製品名 : ROG RAMPAGE VI EXTREME
対応CPU : インテル Core X シリーズ
対応ソケット : LGA 2066
チップセット : X299 チップセット
対応メモリ : DDR4- 4200×8 (最大128GB)
拡張スロット : PCIe 3.0 x16×4, PCIe 3.0 x4×1
ストレージ機能 : U.2×1、M.2×3、SATA 6Gb/s×6
USB機能 : USB 3.1 Gen 2×3, USB 3.1 Gen 1×12, USB 2.0×2
ネットワーク機能 : 10GBASE-T×1, 1000BASE-T×1
無線機能 : IEEE802.11 ad(WiGig)/ac/n/a/g/b, Bluetooth V4.1
フォームファクター(サイズ): ExtendedATX(305 mm x 277 mm)
価格 : オープン価格
予定発売日 : 2017年10月25日
-----------------------------------------------------------------------

○製品の主な特長

すべての面で最高を目指した超多機能ROGマザーボード
「ROG(Republic of Gamers)」ブランドの製品は、ASUSの製品の中では最上位の製品であり、PCゲーマーおよびオーバークロッカー向けに特別に設計を行った製品です。本製品は、そんなROGブランドのマザーボードとして、すべての面で最高を目指した超多機能なマザーボードとなっています。

トリプルM.2搭載可能
Intelの「IRST」および「VROC」オプションを最大限に活用することできる3つのM.2ドライブを備えています。
メモリスロットと同形状の独自スロットをマザーボード上に1つ搭載しており、付属する独自の「ROG DIMM.2拡張カード」を挿すことで、M.2 SSDを最大2枚、また、基板上のROGアーマー下に1枚挿す事ができます。

OLEDパネル「LiveDash」搭載
役立つ情報やカスタマイズ可能なグラフィックを表示するOLEDパネル「LiveDash」を搭載しています。電源投入、セルフテスト(POST)フェーズの間、LiveDashは、従来のPOSTコードを使用して、進捗状況を表示します。その後、通常の動作に移行すると、CPU周波数、デバイス温度、ファン速度、またはウォータークーリングゾーンの情報のいずれかを選択、あるいはデフォルトのLiveDash GIFをカスタマイズしてオリジナルの画像やアニメーションを表示させることができます。

10倍速イーサネットでボトルネックを回避
標準的なギガビットイーサネットの最大10倍にも及ぶ帯域幅は、非圧縮の4K UHDビデオのストリーミングや、ファイルのバックアップおよび転送をこれまでにないスピードで実現します。また、中間の2.5Gbpsおよび5Gbps接続にも対応しているため、より高速なネットワーク接続と最大の柔軟性を両立しています。

最大4.6 GbpsのオンボードWi-Fi
最大4.6Gpsの転送速度に対応する802.11ad無線LAN機能を搭載しています。4K UHD ビデオストリーミングなども快適に視聴することができます。

高耐久PCI Expressスロットの「SafeSlot」
本製品が搭載する「SafeSlot」仕様のPCI Express x16スロットには、プラスチックに加えて金属も使用しており、大幅に耐久性を向上しています。従来のプラスチック製スロットと比較して、ビデオカードの荷重がかかる方向には約1.8倍の強度を持たせており、ビデオカードを引き抜く方向では約1.6倍の強度を実現しています。

LEDでマザーボードを美しく照らす「Aura」機能を搭載
マザーボードに搭載するLEDは、付属ソフトで光の色を自由に変更できます。淡く明滅させたり、CPUの温度に応じて色を変えさせたりすることもでき、マザーボードをよりスタイリッシュに演出することが可能です。

マザーボード一体型のバックパネル
従来のマザーボードでは、PCケースにバックパネル(I/Oシールド)をはめてからマザーボードを取り付ける必要がありましたが、本製品ではバックパネルがマザーボードと一体になっているため、簡単にスムーズにマザーボードの取り付けを行えます。

[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]



[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]



[画像6: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]