[抄訳リリース]アクティフィオ、クラウド環境向けSky Platform 8.0でデータ革命を推進

アクティフィオジャパン株式会社 2017年10月25日

From PR TIMES

アクティフィオは、創業以来最大のソフトウェア・リリースを発表。「データ・アズ・ア・サービス」をマルチダイレクション、マルチクラウド、ハイブリッド・クラウドなどの多角的な顧客環境に導入可能になります。

2017年10月02日 マサチューセッツ州ボストン
エンタープライズ企業向けデータ・アズ・ア・サービス(EDaaS)を提供するアクティフィオは、本日、革新的なクラウド・ネイティブ機能によりエンタープライズ企業のデジタル変革を促進するActifio Sky Platformの画期的な新バージョン8.0を発表しました。
Actifio Sky Platform 8.0は、実績のあるクラウド環境向けソリューションであり、パブリッククラウドとプライベートクラウドが実現するニーズへの迅速な対応や経済性を活用しながら、アプリケーション開発、分析、データ保護、高可用性、コンプライアンスの分野で企業にとって重要なデジタル変革を促進します。
単一のActifio Sky Platformを使用することで、短期間ですべてを置き換えてしまうクラウド戦略ではなく、顧客企業は段階的にIT変革を進め、クラウド環境で開発されたクラウド・ネイティブなアプリケーションを含め適切なワークロードを移行することでクラウドソリューションを活用することができるようになります。


[抄訳リリース]アクティフィオ、クラウド環境向けSky Platform 8.0でデータ革命を推進

アクティフィオは、創業以来最大のソフトウェア・リリースを発表。「データ・アズ・ア・サービス」ソリューションをマルチダイレクション、マルチクラウド、ハイブリッド・クラウドなどの多角的な顧客環境に導入することが可能になります。


2017年10月02日 マサチューセッツ州ボストン - エンタープライズ企業向けデータ・アズ・ア・サービス(EDaaS)を提供するアクティフィオは、本日、革新的なクラウド・ネイティブ機能によりエンタープライズ企業のデジタル変革を促進するActifio Sky Platformの画期的な新バージョン8.0を発表しました。今回のリリースは、エンタープライズ企業およびパートナー各社、業界アナリストとの2年半以上にわたる研究と協業の成果として生まれました。
Actifio Sky Platform 8.0は、実績のあるクラウド環境向けソリューションであり、パブリッククラウドとプライベートクラウドが実現するニーズへの迅速な対応や経済性を活用しながら、アプリケーション開発、分析、データ保護、高可用性、コンプライアンスの分野で企業にとって重要なデジタル変革を促進します。
単一のActifio Sky Platformを使用することで、短期間ですべてを置き換えてしまうクラウド戦略ではなく、顧客企業は段階的にIT変革を進め、クラウド環境で開発されたクラウド・ネイティブなアプリケーションを含め適切なワークロードを移行することでクラウドソリューションを活用することができるようになります。

新しいプラットフォームには、全面的なアップデートに加えて、5つの重要な機能が導入されています。これにより市場で最も成熟したプラットフォームとしての位置づけをさらに確かなものにしています。

クラウド・ネイティブ - Amazon Web Services、Microsoft Azure、Microsoft Azure Stack、Google Cloud、IBM Cloud、およびOracle Cloudの環境で、クラウド・ネイティブなアプリケーションのエンタープライズ企業向けデータ管理機能を強化。

クラウド・モビリティ - データセンターにおける物理/仮想サーバーとクラウドプラットフォーム間で真のハイブリッド・クラウドを実現。即座にデータへアクセスすることが可能になり、ニーズへの迅速な対応や障害からの回復力を強化。

クラウド・オブジェクト - 技術革新によりオブジェクト・ストレージを最大限に活用できるようにし、データセンターでもクラウド環境でもデータへの高速なアクセスを実現し、アプリケーション開発、分析アプリケーション、RPOおよびRTOを低く抑えた災害対策、アーカイブやコンプライアンス向けに使用が可能。現在はクラウド環境としてAmazon Web Services S3およびS3 IAS、Microsoft Azure BLOB、IBM Cloud Object Storage、Google NearlineおよびColdline、Dell EMC ECS、Hitachi HCP、Netapp StorageGRID、WasabiおよびScalityをサポート。

クラウド・カタログ - クラウド環境全体ですべてのアプリケーションとデータをカタログ化し、どの拠点からでも最短でデータを検索、アクセス、使用が可能。ネイティブでカタログAPIを提供することにより、データを活用したIT分析やビジネスにおける意思決定のための分析アプリケーションの実現を支援。

クラウド・エンゲージ -アクティフィオのデータ・アズ・ア・サービスを顧客企業の分析、レポート、データ指向の新しいアプリケーションおよびユーザー教育などにも適用し、さらなる価値を引き出すためのユーザー体感を向上する先進的プラットフォーム。

アクティフィオの創業者でありCEOのアシュ・アシュトシュ氏は次のように述べています。「データは、デジタル化を目指すエンタープライズ企業のビジネス変革において中心的な役割を果たします。アクティフィオは、これまで7年以上にわたり顧客企業を支援し、データを戦略的資産として活用できるようにすることで、アプリケーション開発、分析、データ保護、コンプライアンスのための顧客のデジタル変革を促進してきました。また、常に顧客の成功を最重要視し、それがユーザーやパートナーとの緊密な協力関係の構築につながっています。クラウドソリューションはIT戦略の一部であって、すべてをクラウドに移行する戦略ではないという信念を顧客企業と共有し、実用的なソリューションを提供することで、パブリックおよびプライベートクラウドのインフラとサービスが新たに作り出すニーズに迅速な対応と経済性を享受できるように致します。一方でベンダーの囲い込み、プラットフォームや移行性などの従来の制約を取り除いてきました。」
「私は、顧客企業、パートナー企業そしてアクティフィオの多くの人たちによる素晴らしい仕事に心から感謝しています。その結果、アクティフィオが提供するデータ・アズ・ア・サービスのスピード、ニーズへの迅速な対応および経済性、またクラウドベースのインフラストラクチャ・アズ・ア・サービスおよびプラットフォーム・アズ・ア・サービスを組み合わせた創業以来最大のソフトウェア・リリースを提供する運びとなりました。このリリースにより、顧客企業の革新と変革のペースがさらに加速していくことを楽しみにしています。」


顧客企業および業界からのエンドースメント

Actifio 8.0は、市場で最も成熟し、高度な、実証済みデータ管理プラットフォームとしてのアクティフィオのリーダーシップをさらに強固なものにします。アトランタを本拠とするRestorePointのCTO、アブダル・アルタミミ氏は次のように述べています。「当社は、Actifio 8.0のリリースを歓迎しています。これにより、コスト効率の高いプライベート・オブジェクト・ストレージ・プラットフォームにネイティブに書き込む、あるいはクラウド内のオブジェクト・ストレージを活用できるようになります。当社のクライアントは、どこに格納されているデータでもグローバルに検索し、データを仮想環境に簡単にマウントし、必要なデータのみを短時間でリカバリすることができるようになります。Actifio 8.0は、クライアントが現在直面している課題と、今後ハイブリッド・クラウドにデータを移行して格納する際に表面化するであろう課題に取り組めるよう構築されています。」
アルタミミ氏は、さらに性能についても言及し次のように述べています。「当社は、新しいクラウド オブジェクト機能を当社のマルチテナントデータセンターで試しました。アクティフィオは、当社クラウド内のIBM Cleversafe オブジェクト・ストレージに永久差分更新方式でレプリケーションし、リカバリも即座に実行することができ、私たちはすぐにこのリリースに関心を持ちました。通常、数時間かかる5TBのSQLデータベースをわずか3分で回復することができました。ブロックストレージは必要なく、ネットワークのボトルネックもありません。私のTCOを大幅に削減してくれ、リカバリのSLAも素晴らしい。今後大きな変革をもたらすことになるでしょう!」

IDCリサーチ・ディレクター、フィル・グッドウィン氏は次のように述べています。「データ革命によって、保存されるデータ量が毎日2.5エクサバイト以上増加しています。これらのデータは世界で最も貴重な資源になりつつあります。アクティフィオは、顧客と緊密に協力し、データによって活性化する新たな経済で提起される課題に対応する仮想データ・プラットフォームを創造し、充実した機能を提供していくことを目指しています。企業のIT部門はまさにこのようなソリューションを使用してデジタル変革を加速し、クラウド内で自分たちのデータを使用できるようになりたいと考えているのです。」

451 Researchのストレージ部門リサーチ・バイス・プレジデント、ヘンリー・バルツァ氏は次のように述べています。「アクティフィオは、エンタープライズ企業向けデータ・アズ・ア・サービスを業界に先駆けて提供し、バックアップおよびリカバリの分野でエンタープライズ企業やサービス・プロバイダーを顧客として獲得し成功してきました。最近では、アプリケーション開発、データベース、分析などを実現する真のデータ・プラットフォームを展開し、組織の変革にも関わる各部門が必要なデータにアクセスできるよう支援しています。このような使用事例では、スピード、ニーズへの迅速な対応、セキュリティが重要となりますが、アクティフィオのプラットフォームは、クラウドへ移行するワークロードが今後増加することが予想されるなか、これを機会として捉えていけるでしょう。」

Storage Switzerlandの創業者でありリード・アナリストのジョージ・クランプ氏は次のように述べています。「データ保護やデータ管理を提供する企業は、たいてい約束したことを果たしてきませんでした。アクティフィオは、8年にわたる技術革新の実績を持ち、業界各社を大きく引き離しデータの保護と管理の業界標準を高めてきました。最新バージョンのActifio 8.0でも、クラウドを中心としたデータ管理に移行する顧客をアクティフィオが率先して支援していくことになるでしょう。」

ESGのプリンシパル・アナリスト、ジェイソン・バッフィントン氏は次のように述べています。「数年前、アクティフィオは既存の市場を破壊するようなデータ管理戦略を構築している唯一の先見的な企業でしたが、現在はいつくかのベンダーが同様の機能を提供しようとしています。アクティフィオは、Actifio 8.0を発表し、お客様のデータを最大限活用するクラウド中心の戦略により、革新と市場でのリーダーシップを継続して維持しています。アクティフィオは、幅広いクラウドプロバイダー環境で迅速にデータをリカバリしアクセスを可能にすることで、データ管理分野における業界標準をさらに高めています。」

Actifio 8.0の発表に先立って、ガートナーは、データセンターにおけるバックアップ/リカバリー・ソリューション分野のマジック・クアドラントとクリティカル・ケイパビリティ報告書で(2017年7月)アクティフィオを高く評価しています。マジック・クアドラントでは、アクティフィオをビジョナリー・クアドラントに位置づけ、ビジョンと実行で最も優れていると評価しています。クリティカル・ケイパビリティでは、Actifio EnterpriseとActifio Skyは完全仮想化環境で最高スコアを獲得し、パブリッククラウド環境およびバランスのとれた物理および仮想環境の使用事例において 2番目に高いスコアを獲得しました。


アクティフィオについて

アクティフィオは、エンタープライズ企業向けデータ・アズ・ア・サービス(EDaaS)プラットフォームで世界をリードしています。アクティフィオを採用した世界中の数千のユーザーは、アプリケーションやインフラと同様にデータをサービスとして拠点を問わず即座に提供することができます。
これはエンタープライズ企業向けのソフトウェア・プラットフォームであり、アクティフィオが特許を取得しているVirtual Data Pipeline™技術によって構築されています。アクティフィオは、データを従来のインフラから切り離すことで、ハイブリッド・クラウドの採用を加速し、より質の高いアプリケーションを短時間で構築できるよう支援します。また、障害からの回復力や可用性を高めます。

この度アクティフィオは、vFORUM 2017に参加いたします。

TOKYO開催では、セッションやSOLUTIONS SHOWCASEで弊社最新ソリューションであるデータ仮想化がもたらす次世代インフラストラクチャをご紹介いたします。
開催日:2017年10月31日(火)~11月1日(水)
会 場:ザ・プリンスパークタワー東京(東京都港区)
主 催:ヴイエムウェア株式会社

アクティフィオ ブレイクアウトセッション:10月31日13時~13時30分
金融機関も続々採用 - データ保護の概念を変える ”アクティフィオ” のデータ仮想化
バックアップデータからVM、DBを即座に起動
アクティフィオジャパン株式会社 CTO 高峰 康

是非、ご登録いただき、アクティフィオセッション・ブースにご参加ください。

当資料は、2017年10月2日に米国で発表されたニュース リリースの抄訳です。
米国リリース原文: (リンク »)

[本件に関するお問い合わせ先]
アクティフィオジャパン株式会社
担当: 小川 高寛 TEL: 03-6272-5233  E-Mail: pr.japan@actifio.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]