福島県の新イメージポスター×SNS投稿キャンペーンを開催中!

福島県庁広報課 2017年10月25日

From PR TIMES

ふくしまからはじめよう~県内外の皆さんが参加・交流する情報発信プラットフォーム~ (リンク »)



◆もう見ましたか?ふくしまの今を伝える5つのポスターが完成!
福島県は、本県に対する理解促進と関心を高めていただく契機となるよう、福島県クリエイティブディレクター箭内道彦さん監修のもと、福島県の魅力と今を伝える斬新でインパクトのある5種類のイメージポスターを作成いたしました。
このポスターを貼って「ふくしまの今」を伝えてくださる皆様には、無料発送も行っております。

(1)「来て」
【浜路浜(郡山市)から望む猪苗代湖と磐梯山の風景。観光PR】

(2)「呑んで」
【金賞受賞数5年連続日本一。県産日本酒PR】

(3)「味わって」
【生産者の誇りが詰まった天のつぶ。県産農林水産物PR】

(4)「住んで」
【只見・金山のブナ。自然豊かな本県への定住・二地域居住PR】

(5)「ふくしま」
【松川浦。復興への感謝の気持ちを込めた「ふくしま」を表すポスター】


[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

[画像5: (リンク ») ]


◆福島県クリエイティブディレクター箭内道彦さんからのメッセージ
今回、サントリー「ほろよい」、グリコ「ビスコ」などのクリエイティブを手がける福島県郡山市出身の箭内 道彦(やない みちひこ)さんにポスターの制作をして頂きました。ポスター制作に込める思いを以下のようにお話しされています。

-------------------------------------------------------------
昨年、「来て」というポスターを作りました。
シンプルなそのたった二文字に、様々な思いをかさねて。

その後、“アンサー・ポスター”が生まれました。
リオ五輪金メダリストの内村航平さんが「行くよ」とこたえてくれた、

アンサーポスターが生まれました。

ひとつの声が、

響き、届き、新しい動きに繋がり、連なり、

そして今回、みなさんの思いが、

それをさらに大きく広げてくださいます。

全国から、たくさんのあたたかなアンサーが、聞こえてきます。

ありがとうございます。


福島県クリエイティブディレクター 箭内道彦
-------------------------------------------------------------

◆SNS拡散キャンペーンを開催中!抽選で福島ゆかりの”アレ”が当たるかも?
今回5つのポスターについて、「ポスターを貼った!」「ポスターが貼ってあるのを見た!」などの情報を幅広くアップしていただく『SNS投稿キャンペーン』を2018年1月31日(水)まで開催しております。

毎月に抽選で1名様へ県特産品詰め合わせを、すごい・おもしろい写真は毎月1名選考にて 特別賞としてキビタンぬいぐるみ(大)をプレゼントしております。ポスターを見つけた際には、何度も投稿してみて下さい。


「福島県新イメージポスターSNS投稿キャンペーン」概要
投稿方法:
(1)参加するSNSの福島県公式アカウントをフォロー
(2) 「福島県新イメージポスター」が貼られている様子を撮影
(3)instagramまたはTwitterで「撮影地 #ふくしまポスター」のハッシュタグを付けて投稿
(4)毎月月末に抽選で1名様へ県特産品詰め合わせを、すごい・おもしろい写真は毎月1名選考にて特別賞としてキビタンぬいぐるみ(大)をプレゼント

開催期間: ~2018年1月31日(水)

詳細URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]