国内最大級のエンジニア向け技術祭典「MANABIYA -teratail Developer Days-」を開催

レバレジーズ株式会社 2017年10月25日

From PR TIMES

最新技術の動向からキャリア設計まで、エンジニアの疑問を全て解決

 レバレジーズは2018年3月23、24日に2,000人以上のエンジニアを集めた無料の技術カンファレンス「MANABIYA -teratail Developer Days-」( (リンク ») )をアーツ千代田3331(東京・千代田区)で開催します。IT技術者が抱えるさまざまな疑問について、皆で答えを導き出し活用できるようにする催しです。当日は業界の第一線で活躍する方々の講演やパネルディスカッション、IT企業のブース出展などを予定しています。



[画像1: (リンク ») ]


■MANABIYAとは
 「日本中の“疑問”をみんなの“知恵”に」をテーマに、Webやプログラミング言語など10テーマについてトークセッションやハンズオンを実施し、エンジニアが日々抱えている疑問を解決する技術カンファレンスです。

 本イベント開催前までにイベントページ上で全国のエンジニアから疑問を集めます。専用フォームで疑問を受け付けた後テーマ毎に分類し、ディスカッションのテーマを設定します。

 レバレジーズはエンジニア特化型Q&Aサイト「teratail(テラテイル)」を2014年7月から運営しており、プログラミング時に抱える問題や課題の解決の場として多くのエンジニアをサポートしてきました。しかし、Q&Aという形式だけではエンジニアが抱える全ての疑問を解決できません。
MANABIYAは今後流行する技術や言語、AIやIoT等注目技術の動向といった業界の未来について、また自身のキャリア構築、企業の文化や制度の整え方についてなど、個々に解が異なり解決しづらかったエンジニアの「疑問」に対して、解決策やヒントを見出す場にします。


■MANABIYAで扱うテーマ

[画像2: (リンク ») ]

 MANABIYAでは「プログラミング言語のこれから」や「Webのこれから」など10テーマを設けています。参加者はまず興味のあるトークセッションやハンズオンに参加し、最新情報や専門知識をインプットします。その後、登壇者のパネルディスカッションを通じて各テーマの「これから」を考え、自身が抱える疑問へのヒントや解を探ります。その他、特別ゲストによる基調講演や美しいコード展、シェーダーバトルなどスペシャルコンテンツも企画中です。更新情報については、イベントページ等で随時お知らせします。


■各テーマのエキスパートをモデレーターに起用
 MANABIYAで扱う各テーマのトークセッションでは、各言語や技術のエキスパートがモデレーターを務めます。事前に集まった疑問を元に、エキスパート達が取り上げるトピックやスピーカーを選出します。

<モデレーター一覧>
1.プログラミング言語のこれから

[画像3: (リンク ») ]


Rust.jp主催 teratailエキスパートユーザー
清水智公 氏

Rust.jp主催。プログラミング言語自体とWebが好きで、Rust以外にもWebAssemblyやJavaScriptのコミュニティで活動をしている。HTML5Expertsにも選ばれている。


2.Webのこれから

[画像4: (リンク ») ]


Node日本ユーザグループ代表 teratailエキスパートユーザー
古川陽介 氏

(株)リクルートテクノロジーズ所属。Node.js日本ユーザーグループ代表であり、大人気イベント「東京Node学園」の主催者。HTML5expertsにも選ばれている。


3.モバイルのこれから

[画像5: (リンク ») ]

Swift愛好会会長 teratailエキスパートユーザー
七島偉之 氏

iOSアプリ開発エンジニア。株式会社メルカリ所属。アプリ開発の教育やアプリ向けグ ロースハックツールRepro の開発やコミュニティの運営などモバイルアプリを取り巻く領域に幅広く関与してきた。共著書に『世界一受けたいiPhoneアプリ開発の授業( (リンク ») )』がある。2015 年よりSwift ユーザーのコミュニティ「Swift愛好会」を主催。

4.インフラ・アーキテクチャのこれから

[画像6: (リンク ») ]

さくらインターネット株式会社 代表取締役社長
田中邦裕 氏

1996年にapache.or.jpを立ち上げ、Apacheの日本語翻訳やML運営の手伝い、パッチの送付など黎明期のWeb系オープンソースに関わりつつ、国立舞鶴工業高等専門学校在学中に18歳でさくらインターネットを創業。1999年にはさくらインターネット株式会社を設立し、「さくらのレンタルサーバ」を開発。その後、最高執行責任者等を歴任し、2008年より現職。


5.XR(AR/VR/MR)のこれから

[画像7: (リンク ») ]

VRエバンジェリスト teratailエキスパートユーザー
比留間和也 氏

プライベートで制作したコンテンツ「中二病VR」をTGSのインディ部門に出展。公私ともにVR開発を行なっている。
『VRコンテンツ開発ガイド2017( (リンク ») )』を共著で執筆、WebVRの章を担当。日々の活動の記録をブログにて公開中。


6.IoTのこれから

[画像8: (リンク ») ]


IoTLT主催 teratailエキスパートユーザー
菅原のびすけ 氏

dotstudio株式会社代表取締役。IoT領域を中心に活動していて、日本最大規模のIoTコミュニティ「IoTLT」やJavaScript Roboticsコミュニティ「NodeBots」を主催している。Microsoft MVP Visual Studio and Development Technologies (Node.js)。


7.DBのこれから

[画像9: (リンク ») ]

日本PostgreSQLユーザ会 理事
曽根 壮大氏

数々の業務システム、Webサービスなどの開発・運用を担当し、2016年に株式会社オミカレのCTOを経て、現在は株式会社はてなでサーバー監視サービス 「Mackerel」のCREで日本PostgreSQLユーザ会に所属して勉強会などを担当。 現在、『 Software Design( (リンク ») ) 』で「RDBアンチパターン」を連載中。
Twitter(@soudai1025) - (リンク »)

8.AIのこれから

[画像10: (リンク ») ]

株式会社ウサギィ 役員
五木田 和也氏

2011年千葉工業大学卒業。大学では機械学習、画像認識など人工知能関連技術の研究を行う。2012年株式会社ウサギィに入社。Web、スマートフォンアプリケーション開発をはじめとして、自然言語処理、画像認識エンジン開発などを行っている。現在は株式会社ウサギィの役員、テグザム株式会社のCTOを務める。著書に『コンピューターで「脳」がつくれるか( (リンク ») )』がある。

※「9.生存戦略」「10.企業内制度」のテーマのモデレーターについては現在調整中です。


■イベント概要
名 称: MANABIYA -teratail Developer Days-
日 時:   2018年3月23日(金)・24日(土)
       3月23日(金)11:00-19:30
      3月24日(土)11:00-18:30
会 場: アーツ千代田3331
      東京都千代田区外神田6-11-14
入場料: 無料
入場者数: 2,000~2,500名(予定)
主 催: レバレジーズ株式会社
後 援:   秋葉原電気街振興会( (リンク ») )
事前申込/特設サイトURL : (リンク »)
              ※仮登録をすると、随時イベントの最新情報が届きます。


■スポンサー企業(2017/10/25時点)

[画像11: (リンク ») ]

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

[画像12: (リンク ») ]

コードキャンプ株式会社

[画像13: (リンク ») ]

さくらインターネット株式会社

[画像14: (リンク ») ]

ジーズアカデミーTOKYO


■メディアスポンサー(2017/10/25時点)

[画像15: (リンク ») ]

株式会社KADOKAWA 『ASCII.jp』

[画像16: (リンク ») ]

株式会社翔泳社 『CodeZine』

[画像17: (リンク ») ]

株式会社技術評論 『gihyo.jp』

[画像18: (リンク ») ]

株式会社オープンウェブ・テクノロジー 『Tech Feed』


■teratailとは

[画像19: (リンク ») ]


 「teratail(テラテイル)」( (リンク ») )は、2014 年7 月にオープンしたエンジニアの問題解決プラットフォームです。プログラミング時に抱える問題や課題を質問すると、全国のユーザーが自身の知見を活かして回答します。オープンからわずか3年で月間320万PV・145万UUを突破し、国内エンジニアのほぼ100%が訪れるメディアへ成長(※1)。1ヶ月に2万件を超える投稿(質問、回答、コメントの合計)があり、回答率は91.67%を実現。言語ユーザー会の代表や有名な技術本の著者など技術発展に貢献されているエキスパートも多数参画しており、学生やプログラミング初心者から第一線で活躍する方々まで、幅広いエンジニアの問題解決をサポートしています。

(※1)参考:IT人材白書2017( (リンク ») )より、IT人材88万6,000人のうち、「インフラ系技術者」(94,802人)、「アプリ系技術者」(338,452人)、「運用系サービス技術者」(107,205人)の合計値を算出


■レバレジーズグループについて( (リンク ») )
 システム開発の受託業務で2005年に創業。今や平均年齢26歳ながら年商195億円(2017年3月期)、社員620名(2017年4月時点)、国内外に17拠点を持つミドルベンチャー企業に成長しています。事業創造のプロフェッショナルとして業界トップのエンジニア/クリエイター専門エージェント「レバテック」をはじめ、IT・医療・介護など幅広い分野で事業を展開。新規事業への積極投資と、広告製作から運用まですべてのマーケティング活動を内製化するインハウスマーケティングを武器に「時代を動かす企業」を目指します。

本社所在地: 〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ17F
代表取締役: 岩槻知秀
設立: 2005年4月
事業内容: 自社メディア事業、システムエンジニアリング事業、メディカル事業、人材紹介事業

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

レバレジーズ株式会社の関連情報

レバレジーズ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。