文脈から人工知能によるリアルタイムなポジティブ・ネガティブ感情の判定を実現。

株式会社BRAIN 2017年10月25日

From PR TIMES

メールやチャットの会話においてリアルタイムに判定が出来るようになりました。

会話の文脈からポジティブな感情を抱いている会話なのか、ネガティブな感情を抱いている会話なのかを判断する事によって、適切な回答を自動的にアシストする事が可能となります。



[画像: (リンク ») ]

人工知能を使ったアプリケーションの設計、開発を行う株式会社BRAIN(本店:大阪市中央区 代表取締役 大田 真也)は、人工知能を使ったマルチコミュニケーションプラットフォーム「SMART INTELLIGENCE NETWORK(以下、同サービス)」を提供する。同サービスでは、103ヶ国語のリアルタイム翻訳機能や画像判定機能を備えたチャットBOTシステムで、通信環境や利用環境にとらわれることが無いサービスを展開している。

この度、会話の文脈から会話がポジティブなのか、ネガティブなのか感情の判定を実現。
これにより、応対の状況を見ながら適切な回答が出来ているのかを自動的にアシストする事が可能となる。

応用分野としては、教育、商談、カスタマーサポートなど応用範囲は広い。


【導入に対する相談、お問い合わせ先】
株式会社BRAIN
〒541-0054 大阪市中央区南本町3-2-9本町今岡ビル4F
TEL 06-4400-5287 MAIL contact@brainholdins.co.jp
URL (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]