WPA2の脆弱性もこれで安心!先ずは「AIRTMS」でクローンネットワーク対策を

レンジャーシステムズ株式会社 2017年10月25日

From PR TIMES

~認証・暗号化で安全性を語れる時代は終焉へ~

MVNOシステム構築やIoTコネクティングサービスを提供するレンジャーシステムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:相原 淳嗣、以下レンジャーシステムズ)は、「WPA2」をはじめとするWi-Fi通信プロトコルの脆弱性対策に有用なWi-Fiセキュリティセンサー「AIRTMS」を提供いたします。



米国時間の2017年10月16日、Wi-Fi通信のセキュリティプロトコル「WPA2」の脆弱性が公表され、KRACKsという新たな脆弱性攻撃の手口が明らかになりました。
今回公表された攻撃手法により、通信内容の傍受、不正なパケットの注入、通信の乗っ取り、不正なHTTPコンテンツの注入などの恐れがあるため、早急な対策が必要となります。
また、攻撃者がクローンネットワークを立ち上げ、標的となるデバイスをクローンネットワークに接続させたうえで脆弱性攻撃を実行する手法は、KRACKsに限らず、多くのWi-Fiのハッキングにも用いられています。
そのため、攻撃の起点となるクローンネットワークをいち早く発見し、接続を防止することが効果的な防御策であると言えます。

レンジャーシステムズが提供する「AIRTMS」は、Wi-Fi空間全体を常時監視し、クローンネットワークはもとより様々なWi-Fiセキュリティリスクの発生を瞬時に検知・遮断する機能を備えた専用のセンサーです。
「AIRTMS」を導入することで、認証や暗号化に留まらない包括的なWi-Fiセキュリティ対策を実現します。
[画像: (リンク ») ]


レンジャーシステムズは、今後も「AIRTMS」の提供を通じて、安心・安全なWi-Fi利用社会の実現に貢献します。

■AIRTMS Webサイト: (リンク »)

■レンジャーシステムズ株式会社について
MVNOの企画から設計、構築、運用までをトータルでサポートする国内唯一の企業として、最新技術を駆使したモバイルコアからアクセスソリューションをサポートするインテグレータです。また、モバイル技術を最大限に活用し、デバイスやネットワークを含めたIoTソリューションを提供します。
所在地 : 〒105-0004 東京都港区新橋2-6-1 さくら新橋ビル6F
代表者 : 代表取締役 相原 淳嗣
設立  : 2007年10月
事業内容: ネットワーク・システムインテグレーション事業
URL   : (リンク »)


◆本プレスリリース及び本サービスに関するお問い合わせ先◆
企業名 : レンジャーシステムズ株式会社
担当者 : 広報 江野(エノ)、IoT事業部 藤田(フジタ)
TEL  : 03-6257-1850
E-Mail : airtms@ranger-systems.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]