国内初!人材教育特化の最先端VR教育ソリューション「eVR(エバー)」の提供を開始

株式会社Pooka. 2017年10月26日

From PR TIMES

~新人教育やアルバイト教育、営業研修や接客教育、社外研修やロールプレイング研修などをVR化~

”想いを形にして届ける”をミッションとし、自社サービス・メディア運営や各種デザイン、制作などを手掛ける株式会社Pooka.(プーカ 本社:東京品川区、代表取締役:小野正視)は、2017年10月26日より、動画制作のプロフェッショナルによる人材教育特化型のVR教育ソリューション「eVR(エバー)」の提供を開始いたします。



■ eVR(エバー)とは?

【VR教育で、あたらしい「体験」を。】

eVR(エバー)は、VR技術を用いた最先端の人材教育ソリューションです。360度VR動画をメインとした「体感できる eラーニング」を実現するため、動画制作のプロフェッショナルによるコンテンツ提供を行っていきます。

[画像1: (リンク ») ]

▼サービス概要動画

[動画1: (リンク ») ]



■ なぜ「VR」で「教育」なのか?

既存の企業内教育において、約90%の企業が「OJT(On Job Training)」を導入しながらも、OJTがきちんと機能している企業は10%程度にとどまっている現状(※)があります。

この状態は約50年もの間続いており、その主な理由として、(1)指導する社員の時間がない、(2)指導する社員の能力不足、(3)人材育成の重要性の浸透が不十分、などがあげられています。

このような企業内教育の分野において、VRを用いた効率的な教育ソリューションを提供することで、企業の人材教育分野での課題解決を実現していきたいと考えております。

[画像2: (リンク ») ]

VRによる人材教育については、すでに海外では様々な企業で活用が進んでおり、米国大手スーパーマーケットにおけるアルバイト教育をはじめとして、より効果のある学習ツールとして認知されはじめています。

また、国内ではエンターテイメントを中心に活用の進むVR分野ですが、動画制作のプロフェッショナルによる、企業内の人材教育に特化したVR教育ソリューションの提供は国内初となります。

■活用シーンや導入のメリットについて

[画像3: (リンク ») ]


eVR(エバー)は、従来の人材教育ツールに「+α」の価値を与えることができます。

具体的には、新人教育やアルバイト教育、営業研修や接客教育、社外研修やロールプレイング研修など、既存で行っている企業内研修についても、VRを活用することでより効果の高い学習カリキュラムを構築することが可能です。

[画像4: (リンク ») ]


また、一度VRコンテンツを制作してしまえば、ユーザーはいつでもどこでも同じコンテンツを反復学習することができるほか、導入企業も同様のコンテンツを全国各地で展開できるため、教育におけるトータルコストを大幅に削減することが可能です。

▼企業内教育での利用イメージ

[動画2: (リンク ») ]



■今後の展開について

eVR(エバー)は、360度動画を基本とした”VR動画”によるオーダーメイドのVR教育ソリューションを提供していきます。

[画像5: (リンク ») ]

今後は、CGやインタラクティブ性を重視したVRコンテンツの拡充をパートナーと開発し、VR教育ソリューションを深化させていく予定です。

■お問い合わせ

eVR(エバー)公式ウェブサイト
(リンク »)

■運営会社

株式会社Pooka.
(リンク »)

※ 出典:産業能率大学総合研究所・2010年報告書より

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]