“オザケン”こと小沢健二が描くハロウィンの1日が第1位『ハロウィン絵本ランキング』発表!~おばけが光る仕掛け絵本も人気~

hontoPR事務局 2017年10月26日

From PR TIMES

-ハイブリッド型総合書店「honto」-

 ハイブリッド型総合書店「honto (ホント)」を運営する大日本印刷 (DNP)とDNPグループの書店およびトゥ・ディファクトは共同で、hontoサービス実施店の丸善、ジュンク堂書店、文教堂とhonto.jp サイトで購入された書籍や電子書籍の販売データをもとに集計した「ハロウィン絵本ランキング(集計期間:2017年1月1日~2017年10月16日)」を10月26日(木)に発表します。



■honto総合書店広報担当コメント
 ハロウィン絵本ランキングは、シンガーソングライターの「オザケン」こと小沢健二の『アイスクリームが溶けてしまう前に 家族のハロウィンのための連作』が第1位を獲得。意外な著者ながら、ハロウィンの魅力が鮮やかに伝わる作品です。元祖「渋谷系」なのでハロウィンにピッタリ!?
 第2位は、人気の「ルルとララ」シリーズの『ルルとララのハロウィン (おはなしトントン Maple Street 「ルルとララ」シリーズ)』。定番のスイーツネタに今回はハロウィンが加わりました。
 第3位は『トリックオアトリート! ハロウィンのえほん』。部屋を暗くして読むとおばけが光る、蓄光インクを使ったページがあり、ハロウィン気分が高まり楽しさ倍増です。
 近年は渋谷で仮装を楽しむイベントも開催され、英語圏のイベントであった「ハロウィン」も、秋の風物詩として日本に定着してきた感があります。今回ランクインした作品は、ほとんどが2010年以降に刊行された絵本で、「ハロウィン」の認知が高まってきたタイミングと合致しています。まだまだ「ハロウィン」をテーマにした絵本はジャンルとしては若いため、これからも作品が増えていき、長く愛される名作が育っていくかもしれません。
(honto広報担当:土佐 勝彦)
[画像1: (リンク ») ]


【第1位】 アイスクリームが溶けてしまう前に
ロックの家族は、今年、青トンボの家族になってる。さあ、町の人たちは、わかってくれるかな? ロックと弟が、近所の家のドアをノックすると…。アメリカのハロウィーンを通して、家族のかけがえのない時間を描いた連作集。
著者: 小沢健二と日米恐怖学会
出版社: 福音館書店
本の通販ストア: (リンク »)


[画像2: (リンク ») ]


【第2位】 ルルとララのハロウィン
ルルとララのお店に、こどものオバケたちがやってきました。そして、ランタンフェスティバルパーティーのケーキを作ってほしいと頼んで…。ケーキポップの簡単レシピがもりだくさんの楽しいお話。
著者: あんびる やすこ
版社: 岩崎書店
本の通販ストア: (リンク »)


[画像3: (リンク ») ]


【第3位】 トリックオアトリート! ハロウィンのえほん
今日はハロウィン。仮装した子どもたちは、いろいろな家を訪ねて、たくさんのおかしをもらいます。最後に、町の外れの立派なお屋敷のドアを叩くと…。
著者: 岡村 志満子
出版社: くもん出版
本の通販ストア: (リンク »)


【第4位】 ハロウィン!ハロウィン!/西村 敏雄 /白泉社
本の通販ストア: (リンク »)
【第5位】 ハロウィンのかくれんぼ/いしかわ こうじ/ポプラ社
本の通販ストア: (リンク »)
【第6位】ハロウィーンってなぁに?/クリステル・デモワノー/主婦の友社
本の通販ストア: (リンク »)
【第7位】 くまくまくんのハロウィン/ベンジー・デイヴィス/BL出版
本の通販ストア: (リンク »)
【第7位】 トリックアートハロウィーン/グループ・コロンブス/あかね書房
本の通販ストア: (リンク »)
【第9位】 きょうはハロウィン/平山 暉彦/福音館書店
本の通販ストア: (リンク »)
【第9位】ハロウィンドキドキおばけの日!/ますだ ゆうこ/文溪堂
本の通販ストア: (リンク »)
【第9位】ハッピーハロウィン!/新井 洋行/講談社
本の通販ストア: (リンク »)
【第12位】おかしな?ハロウィン/ザ・キャビンカンパニー/ほるぷ出版
本の通販ストア: (リンク »)
(※タイトル/著者/出版社)


hontoオススメの3作品

[画像4: (リンク ») ]

■おさるのジョージハロウィーン・パーティーにいく
子どもに人気の「おさるのジョージ」シリーズ。ハロウィーン・パーティーにでかけて…。
著者:M.レイ(原作),H.A.レイ(原作),
   福本 友美子(訳),マーサ・ウェストン(画)
出版社:岩波書店
本の通販ストア: (リンク »)


[画像5: (リンク ») ]


■ハロウィンのランプ (キラキラえほん)
ハロウィンの日にクラスで一番こわいランプを作ろうとしたのですが、
本物のおばけのパーティに紛れこんでしまい…。
著者:小林 ゆき子(さく・え)
出版社:岩波書店
本の通販ストア: (リンク »)


[画像6: (リンク ») ]


■ほねほねがいこつやってきた (しかけえほん)
がいこつと子どもたちが歩きまわり、「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!」。
ページをめくると絵が飛び出す、しかけ絵本。
著者:ジャネット・ローラー(ぶん),アンナ・チェンバーズ(え),おがわ やすこ(やく)
出版社:大日本絵画
本の通販ストア: (リンク »)


絵本好きに贈るhontoブックツリー
「意外な著者にも驚く!大人が楽しめるアーティストの絵本」
ブックキュレーター:honto編集員
(リンク »)

「季節は巡り・・・秋の夜長に読みたくなる絵本たち」
ブックキュレーター:種村由美子(児童書専門店ティール・グリーンinシード・ヴィレッジ店主)
(リンク »)


ハイブリッド型総合書店「honto」について

[画像7: (リンク ») ]

 「honto」は、ネット書店(本の通販ストア、電子書籍ストア)と、丸善、ジュンク堂書店、文教堂、啓林堂などのリアル書店を連携させた総合書店です。「読みたい本を、読みたいときに、読みたい形で」提供するサービスで、本を愛する人をサポートします。
 2017年5月時点、honto会員は約400万人、honto.jpサイトと共通で利用できるhontoポイントのサービス導入書店は192店舗に広がっています。
≪ハイブリッド型総合書店「honto」公式サイト (リンク ») ≫

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。