世界有数の旅行商取引システム「ガリレオ」、日本でも2017年10月より提供開始

トラベルポートジャパン株式会社 2017年10月26日

From PR TIMES



[画像: (リンク ») ]


旅行業界のe-ビジネスを世界規模で30年にわたり提供している英トラベルポート社(本社:英国ラングレー、NYSE:TVPT)の日本支社、トラベルポートジャパン株式会社は、2017年10月より、先進のトラベルコマースプラットフォーム「ガリレオ」の日本地区での展開を開始しました。

「ガリレオ」は、世界中の航空会社・ホテル・レンタカーなどの予約・発券をおこなう流通システム(GDS)、および旅行関連のテクノロジーソリューションを提供する多機能プラットフォームです。アジア太平洋、ヨーロッパ、中近東、アフリカなど全世界で広く使用されています。
日本地区では、トラベルポートジャパンが2016年に英トラベルポート本社の100%子会社化となったのを機に、日本市場への参入の準備を進め、今回、正式にサービス提供を開始しました。

トラベルポートジャパン株式会社代表取締役社長、東海林治(とうかいりん・おさむ)は次のように述べています。
「ガリレオのシステム展開を日本で開始することで、今まで以上にトラベルポートのプラットフォームのパワーを感じていただけると確信しております。
世界で幅広く展開しているガリレオのシステムをご利用いただくことは、訪日外国人(インバウンド)旅客分野を含む、グローバル展開を進める旅行会社様などにもさらにお役に立てるものと考えております。
またこれを機会に、今までお取引のなかった旅行会社様をはじめとする日本の旅行業界の皆様に向け、積極的にトラベルポートが提供するプラットフォームを紹介していきたいと考えています」。
「日本の旅行業界の皆様の “トラベルテクノロジー・パートナー”として、お客様のビジネスに貢献できますよう全力を尽くしてまいります」。

またトラベルポート・アジアパシフィック支社長のマーク・ミーハンは、次のように語りました。
「我々のガリレオのシステムを日本地区でも展開できることをとてもうれしく思います。トラベルポートにとって、日本は重要な市場の一つと考えております。日本の皆様にトラベルポートの革新的なサービスをさらに多くお届けし、旅行業界の皆様にとって最高の技術サポーターになれることを楽しみにしております。」

トラベルポートについて( www.travelport.com )
英国に本社を構えるトラベルポートは、世界でも有数の旅行・観光産業向けプラットフォーム提供会社で、旅行予約流通や決済等の幅広いソリューションを提供しています。
世界 180 カ国で約4000人の従業員を有し、2016年の純収入は 23 億ドルを超えました。

トラベルポートは、世界的な旅行事業プロバイダーと旅行会社を結びつける旅行分野のB2Bマーケットプレイスの役割を推し進めています。
当社は航空マーチャンダイジング、ホテル客室流通、レンタカー、モバイル商取引やB2B決済の分野では世界的にもリーディングポジションにつけています。
さらに当社では、航空業界向けにショッピング決済や発券、搭乗コントロールなど高度なITサービスを提供しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]