銘柄分析にかかる手間を大幅に軽減!無料の新サービス「マネックス銘柄スカウター」提供開始のお知らせ

マネックス証券株式会社 2017年10月26日

From PR TIMES



 マネックス証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:勝屋敏彦、以下「マネックス証券」)は2017 年10月26日(木)より、銘柄選びの利便性を向上させる新サービス「マネックス銘柄スカウター」の提供を開始しますのでお知らせします。当サービスは、マネックス証券と株式会社アイフィスジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役:大沢和春、以下「アイフィスジャパン」)が共同で開発しました。マネックス証券の証券総合取引口座をお持ちの方はどなたでも無料でご利用いただけます。

 「マネックス銘柄スカウター」は、個人投資家が投資判断を行う際に、企業の決算情報を手軽にかつ効果的に活用できる投資情報サービスです。日頃、多くのお客様からいただいている「投資する銘柄を選ぶ際に中長期的な企業業績や3ヶ月ごとに区切った業績などを知りたい」などのご要望をもとにマネックス証券のアナリストチーム主導で開発しました。

 企業業績と株価は中長期的に高い相関を持つことが知られていますが、個人投資家が長期間の企業の業績データを取得するには、有価証券報告書を集め、内容を確認・分析するなど、多くの時間と手間が必要です。
 「マネックス銘柄スカウター」は、最長過去 10 年間の企業業績と過去5 年間の株価指標を簡単に取得し、グラフ表示で視覚化することができ、企業の成長性や株価が割安かどうかなどの判断に活用いただけます。当サービスを利用することで、個人投資家が銘柄分析にかける手間や時間を大幅に軽減することができると考えています。

 マネックス証券は、従来よりお客様の最善の利益を図ること等を目的に業務運営や情報提供等を行っており、2017年6月22日には「お客様本位の業務運営に関する方針」を発表しています。マネックス証券のアナリストチームがこだわった機能が多数盛り込まれた「マネックス銘柄スカウター」の提供は、個人投資家の皆さまが銘柄選びをする際の利便性を高め、より精緻な投資判断をする一助になると考えています。
 今後もオンラインセミナーなどの開催を通し、個人投資家の皆さまが「マネックス銘柄スカウター」を使いこなせるように努めてまいります。

■「マネックス銘柄スカウター」の主な機能
(1)長期間の企業業績や株価指標をグラフ表示
 最長10年間の企業業績(売上高、営業利益、経常利益、当期純利益など)や最長5年間の各種株価指標(PER、PBR、配当利回りなど)をグラフで表示します。長期間の推移を視覚的に確認できるため企業の成長性やバリュエーションを判断する際に便利です。
[画像1: (リンク ») ]


(2)株価指標、業績推移、アナリスト評価を表形式で一覧表示
 選択した銘柄の時価総額や株価指標、業績推移やアナリスト評価など、株式投資に役立つ情報を表形式で一覧表示します。様々な指標を一度に比較検討できるため、同じ業界内での各銘柄の割高・割安の判断を短時間で行うことができます。
[画像2: (リンク ») ]


(3)3ヶ月ごとに区切った業績データやアナリスト評価の表示
 通常、決算短信などで累計値で発表される各種業績を3 ヶ月ごとに区切ってグラフで表示します。業績の累計値だけを見た場合と3ヶ月ごとに区切って見た場合とでは業績トレンドの違った姿が見えてくることがあり、投資判断を行うにあたり非常に重要な情報となります。また、アイフィスジャパンが集計したアナリスト評価を確認することができ、各銘柄に対するマーケットの評価をわかりやすく把握できます。
[画像3: (リンク ») ]


 詳細はマネックス証券ウェブサイト( (リンク ») )をご覧ください。

■アイフィスジャパンについて
 アイフィスジャパンは、証券会社・機関投資家・上場企業に対して『情報ソリューション』を 提供する金融情報サービスベンダーです。
 会 社 名 : 株式会社アイフィスジャパン(英文社名 IFIS JAPAN LTD.)
 設 立 日 : 1995年5月26日
 資 本 金 : 3億8,251万円(2016年12月31日現在)
 代 表 者 : 代表取締役 大沢和春
 事 業 内 容 : 証券調査レポートの電子配信サービス、企業業績予想およびコンセンサスデータの
提供サービス、金融・財務関連ドキュメントの制作およびプリンティングサービス、
金融機関向けシステムインテグレーションサービス
ウ ェ ブ サ イ ト : (リンク »)

以 上

【手数料等およびリスクについて】
マネックス証券の取扱商品等のお取引をいただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じることがあります。各商品等のお取引にかかる手数料等およびリスクは商品毎に異なります。詳細につきましては、マネックス証券ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「目論見書」「目論見書補完書面」「リスク・手数料などの重要事項」等を必ずお読みください。

【マネックス証券株式会社について】
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

マネックス証券株式会社の関連情報

マネックス証券株式会社

マネックス証券株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。