大阪をシェアサイクルで移動できるまちに!HUBchariが11月に社会実験

特定非営利活動法人Homedoor 2017年10月26日

From PR TIMES

御堂筋80周年記念事業で、大阪の新たな公共交通をアピール

認定NPO法人Homedoor(代表:川口加奈 大阪市北区)は、11月5日~20日に開催される「御堂筋チャレンジ」において、シェアサイクルHUBchari(ハブチャリ)の臨時ポートを3カ所に設置し社会実験を行います。
御堂筋にHUBchariポートを設置するのは初の試みで、3年以内に120ポート600台の導入を目指し、「大阪の新たな公共交通」をアピールします。



■HUBchariとは

自転車問題×ホームレス問題。大阪の2大社会問題を同時に解決

大阪市内15カ所で運営する、どこのポートでも自転車を借りたり返したりできるシェアサイクル事業です。
大阪市は、ホームレスの人や生活保護受給者が多く生活しています。そこで、「ホームレス経験者の約7割が得意とする、自転車修理を活かした仕事づくりをしたい」という思いから、HUBchariは始まりました。

自転車のメンテナンスや台数調整業務をホームレス経験者などのスタッフが行うことにより、雇用機会を創出し、路上生活からの脱出をサポートすることができます。HUBchariは、違法駐輪や駐輪場不足などの自転車問題と、ホームレス・生活保護受給者の雇用問題を同時に解決し、さらにインバウンドの促進や市民の利便性の向上にも寄与します。

ドコモ・バイクシェアと提携し、無人ポートを増設。利便性向上とさらなる雇用枠の拡大へチャレンジ

HUBchariは、2012年より運営を開始しました。オフィスビルやホテル、カフェ等の軒先に自転車を設置する「ノキサキ貢献」の協力企業を増やしながら、ポートを増設してきました。

そして、ついに2017年からは株式会社ドコモ・バイクシェアと提携し、無人で貸出・返却のできる電動アシスト自転車を導入しました。これにより、オフィスビルやコンビニエンスストアなど、ポートを設置できる範囲がますます広がります。ポート数が増えることで、利用者の利便性が高まり収益が増え、メンテナンス等のスタッフの雇用枠を増やすことができます。

ドコモ・バイクシェアの電動自転車は他の自治体でも導入されており、東京都ではすでに、自治体による推進もあって300以上のポートが設置されています。HUBchariは、電車とバスに次ぐ「大阪の第3の公共交通」として、市内120ポートに拡大することを目指しています。

■御堂筋チャレンジとは

ミナミ御堂筋の未来のスガタをつくる、2週間の社会実験

大阪のメインストリート、御堂筋。完成から80年、難波駅前のモデル区間では歩道も広げられ、新しいみちづくりが着々と進められています。未来の御堂筋が、世界にとどろくメインストリートとなる未来のスガタを想像する16日間。生まれ変わろうとしている御堂筋を体感してください。

実施主体:御堂筋完成80周年記念事業推進委員会/御堂筋沿道・千日前通以南モデル区間整備協議会

企画運営:モデル区間社会実験企画・制作推進合同チーム
(ミナミまち育てネットワーク/ミナミ御堂筋の会/なんば安全安心にぎわいのまちづくり協議会)

シェアサイクルHUBchari社会実験 Produced by 認定NPO法人Homedoor

国内外で急速に普及するシェアサイクル。観光やビジネス利用に使っていただくシェア利用を高めつつ、不法駐輪を削減する実験として臨時ポートを3カ所設置します。

実施期間:11月5日(日)~20日(月)

実施場所:国道25号・御堂筋(難波交差点から難波西口交差点間)

※HUBchariの利用にはWebサイトでの会員登録が必要です。
HUBchariスマート会員登録サイトURL: (リンク »)

■運営団体・認定NPO法人Homedoorについて
「ホームレス状態を生み出さない日本」を目指し、ホームレスの人や生活困窮者を対象に、仕事やシェルターの提供、相談事業などを行っています。シェアサイクルHUBchari事業を中心に、当事者の特技を生かした仕事づくりに力を入れています。のべ500名以上に生活支援を提供し、のべ180名以上の人が就労機会を得ました。

■HUBchariスマート会員 利用可能ポート一覧

常設ポート

[表1: (リンク ») ]


「御堂筋チャレンジ」実施期間臨時設置ポート(11月5日~20日)

[表2: (リンク ») ]


※上記のほかに、アナログ会員専用が6拠点、レンタサイクル専用が2拠点ございます。
詳しくは、HUBchari Webサイトをご覧ください。

■自転車について
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

<Panasonic Glitter>
今回導入する自転車は男女問わず使いやすい、ミニベロタイプの電動自転車です。
重量があり、安定した走行が可能です。電動アシスト自転車で、坂道もすいすい!
後輪の上には、自転車操作パネルがつけられ、ICカードをかざすと鍵がひらく、最新鋭のモデルです。

■利用方法

[画像5: (リンク ») ]

[画像6: (リンク ») ]

[画像7: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]