滋賀県情報発信拠点 東京日本橋 「ここ滋賀」に自動ドア・人数カウントなどのセンサー製品を協賛、出入り口のおもてなしをサポート

オプテックス株式会社 2017年10月30日

From PR TIMES

 オプテックス株式会社(本社:滋賀県大津市、代表取締役社長:上村 透、以下「オプテックス」)は、10月29日(日)に滋賀県情報発信拠点としてオープンした 「ここ滋賀」(東京日本橋)に当社の自動ドアセンサーや人数カウントセンサーなどのエントランス付近の各種センサーを協賛し、来場者のおもてなしをサポートいたします。



(リンク »)

 「ここ滋賀」は、滋賀の魅力をさまざまな角度から伝えるイベントや、特産品・伝統工芸品などの販売、各蔵元の地酒が味わえる地酒バー、滋賀の食材をふんだんに使ったレストランなど、滋賀を体感していただけるアンテナショップとして開設されました。
 オプテックスは同じ滋賀県のメーカーとして、地域活性化およびこの場に足を運んでくださるお客様へのおもてなし向上に協力するために、当社の各種センサーを協賛いたしました。来場者を迎える入り口に設置した当社の自動ドア用タッチスイッチは、「ここ滋賀」専用のオリジナルデザインを提供しています。また、人の歩く速度や進む方向を読み取り、通行したい人だけに、最適なタイミングで自動ドアを開ける新しい技術を採用した自動ドアセンサーで、来場者のおもてなしをサポートします。
[画像1: (リンク ») ]

【協賛した製品紹介】

[画像2: (リンク ») ]

■自動ドア用タッチスイッチ

人がスイッチを押すとドアが開くスイッチです。人通りが多い場所での無駄な開閉を防ぐ際に使用します。お店の顔となるタッチスイッチは、「ここ滋賀」オリジナルデサインを採用しました。


■自動ドアセンサー
[画像3: (リンク ») ]

画像技術を用いて人の歩く速度や進む方向を読み取り、歩く速度に合わせて最適なタイミングで自動ドアを開くとともに、自動ドアを横切るだけでは開かせないことで、快適性と要な開閉の削減による省エネを両立させた、業界で初めての自動ドアセンサーです。まるでドアボーイがいるかのような自動ドアの開閉で来場者へのおもてなし向上へ貢献します。


■人数カウントシステム

[画像4: (リンク ») ]

店舗の入り口に設置し、来場者数をカウント、web上でリアルタイムに人数を確認することができるシステムです。設置される場所(ここ滋賀)だけでなく、離れた滋賀県庁でも人数情報をいつでも確認することが可能です。収集した来場状況のデータは、平常時やイベント時での有用なマーケティングデータとして活用できます。


■センサー付ソーラーLED照明
[画像5: (リンク ») ]

太陽光による電力供給で明かりを点灯、配線が不要な照明です。また、人がいない時は必要最低限のほんのりとした明かりで点灯し、人感センサーが人を検知した時に十分な明るさに増光するため、電力消費を削減できる環境配慮型の照明です。3Fのオープンテラスに設置しています。


【「ここ滋賀」について】
「ここ滋賀」は、東京で滋賀の魅力を体感できる場所として開設されたアンテナショップ。「ここ」に滋賀があり、「ここ」から滋賀を発信する、「ここ」へ来れば、滋賀に行きたくなる、英語表記の「COCO」には、コミュニティ、コワーキングなど、人と人とが手を結び共に創るイメージを、滋賀といえば琵琶湖であり、「湖国」といった意味を込めています。
〒103-0027 東京都中央区日本橋2-7-1
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

オプテックス株式会社の関連情報

オプテックス株式会社

オプテックス株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。