楽天、食品スーパーマーケット「大阪屋ショップ」と提携

楽天Edy株式会社 2017年10月30日

From PR TIMES

2018年春を目処に大阪屋ショップ各店で「楽天ポイントカード」、「楽天Edy」が利用可能に



 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)と楽天Edy株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:和田 圭、以下「楽天Edy」)は、食品スーパーマーケットを運営する株式会社大阪屋ショップ(本社:富山県富山市、代表取締役社長:平邑 秀樹、以下「大阪屋ショップ」)と、楽天が運営する共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」および楽天グループの電子マネー「楽天Edy」において提携しました。

 大阪屋ショップは、2018年春を目処に、「大阪屋ショップ」各店に、楽天の共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」を導入し、楽天グループのポイントプログラム「楽天スーパーポイント」(以下、「楽天ポイント」)のサービスを提供する予定です。また同時に、全国約51万箇所(注1)で利用可能な楽天グループの電子マネー「楽天Edy」も導入し、より決済スピードが速くスムーズなお買物の機会を提供します。本提携により、大阪屋ショップは、大阪屋ショップオリジナルデザインの「楽天Edy」機能付きポイントカードを発行します。

 楽天が提供する楽天ポイントは、「楽天ポイントカード」や「楽天ポイントカードアプリ」を通じて、楽天グループが展開する各種サービスをはじめ、「楽天ポイントカード」に加盟する百貨店、飲食店、コンビニなど様々な街のお店やインターネット通販、約66万店舗(注2)でご利用頂けます。大阪屋ショップでの毎日のお買物は勿論の事、いつも利用するコンビニや飲食店などの実店舗に加え、インターネットでのお買物や各種サービスのあらゆるシーンにおいて、さらに「お得で便利なお買物」を毎日楽しんで頂けるサービスを拡充・展開してまいります。

 楽天は、今後もより多くのユーザーに「楽天ポイントカード」や「楽天Edy」を利用して頂けるよう、提携企業の拡大とサービスの利便性向上に努めてまいります。

(注1)2017年10月時点
(注2)2017年3月時点

■□ 本提携における大阪屋ショップでのサービス概要 ■□
■概要: 大阪屋ショップの対象店舗にて、精算時に「楽天ポイントカード」または「楽天ポイントカードアプリ」を提示することで、楽天ポイントが付与されます。また支払時に楽天ポイントを利用することも可能になります。大阪屋ショップオリジナルデザインの「楽天Edy」機能付きポイントカードの「楽天Edy」で決済すると楽天ポイントの付与率がさらに上がります。
■サービス開始日: 2018年春目処(予定)
■対象店舗: 富山県、石川県の各店舗

【株式会社大阪屋ショップ 会社概要】
企業名: 株式会社大阪屋ショップ
事業内容: 生鮮食品および日用品を扱う食品スーパーマーケットの運営
本社所在地: 富山県富山市赤田487-1
店舗数: 富山県33店舗 石川県6店舗
従業員数: 2,529名
売上高: 675億円(連結)
※2016年6月期時点

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]