インテック、高精度な画像認識技術と独自のフレームイン技術を用いた、視覚障碍者向け「音声読み上げスキャナ」を開発

TISインテックグループ 2017年10月30日

From PR TIMES

~国内最大級の視覚障碍者向け総合イベント「サイトワールド2017」に出展~

TISインテックグループの株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:日下茂樹、以下インテック)は、ITを利用することで、視覚障碍者のショッピングがもっと身近なものになることを目指して、手に取った商品を手軽に認識できる「音声読み上げスキャナ」を開発しました。高精度な画像認識技術に加え、スマートフォンの画面が見えなくても商品を正しく写すことができる独自開発のフレームイン技術により、視覚障碍者のショッピングをサポートします。



 11月1日(水)~3日(金)に、すみだ産業会館サンライズホール(東京都錦糸町)で開催される、国内最大級の視覚障碍者向け総合イベント「サイトワールド2017」に出展し、本製品を紹介いたします。

<産学連携>
 「音声読み上げスキャナ」には、膨大な商品情報を持つデータベースが必要です。
 インテックでは、連携パートナーを増やし、より多くの商品を対象とすることを目指します。
 また、国立大学法人筑波技術大学と連携し、本製品の有効性を目的とした実証実験を行います。実証実験後に意見を収集し、より使いやすいサービスにしていきます。

<「サイトワールド2017」概要>
開催期間:11月1日(水)~11月3日(金)
     午前10時~午後5時(最終日は午後4時まで)
会  場:すみだ産業会館サンライズホール 丸井錦糸町店8階
      (リンク »)
出展内容:「音声読み上げスキャナ」を利用したショッピング体験の紹介

 インテックは、今後も視覚障碍者にショッピングをもっと身近な物にしていただけるような、支援技術の研究開発・サービス化を行っていきます。

 なお、YouTubeの「株式会社インテック 先端技術研究所」チャンネル内にて、コンセプト動画を公開しています。
   (リンク »)


[画像: (リンク ») ]



インテックについて
 お客さまの経営戦略に沿った情報化戦略の立案からシステムの企画、開発、アウトソーシング、サービス提供、運用保守まで、IT分野において幅広く事業を展開しています。特に、データセンター事業は、東京、横浜、大阪、富山などのデータセンターを高速回線で接続した高信頼性サービスを提供しています。インテックは、創業以来50余年にわたって培ってきた技術力をもとに、安全・安心、便利でSmartな、心地よい社会の実現を目指し、挑戦を続けてまいります。

TISインテックグループについて
 TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]