CSMS認証取得セミナーを開催 <2017年11月29日(水)>

ジェイティ エンジニアリング株式会社 2017年10月31日

From PR TIMES

制御システムのリモートサービスで注目されるCSMS認証

制御システムのリモート監視・保守サービス等を提供する事業者の方々が、CSMS認証に注目しています。顧客へセキュリティ水準の高いサービスを提供することで、競合他社と差別化を図るためです。
本セミナーでは、CSMS認証取得支援の第一人者であるコンサルタント自らが、CSMS認証取得の効果的な進め方を説明します。
【参加費無料】



[画像1: (リンク ») ]

CSMSとは


Cyber Security Management System
産業オートメーションおよび制御システム向けのセキュリティマネジメントシステム
国際標準 IEC 62443-2-1: 2010
JIPDEC(日本情報経済社会推進協会)によるCSMS適合性評価制度


2017年春のWannaCry(ランサムウェア)ショックは、工場・プラントの操業停止を引き起こすなど、産業オートメーションに大きな被害をもたらしました。サイバー攻撃の脅威が「窃盗」から「破壊」へと移り変わる中、IT(Information Technology、情報技術)とOT(Operational Technology、制御技術)を統合した全社的なセキュリティ対策がより重要となっています。
このような中、お客様の工場・プラントで稼働する制御システムのリモート監視・保守サービス等を提供するエンジニアリング会社やシステムインテグレータなどが、自社で提供するサービスの付加価値を高めるために、CSMSの認証取得に関心を高めています。リモート接続する自社環境のセキュリティを適切にマネジメントすることで、より安心・安全なサービスとしてお客様の信頼を確保するためです。
本セミナーでは、制御システムのリモートサービスを提供する事業者の方々に向けて、競争優位を築くためのCSMS認証取得の進め方について、業界第一人者のコンサルタント自らが説明します。
CSMS認証は、競合他社との差別化を図り、お客様から選ばれるサービスの提供につながるはずです。

SCF(システムコントロールフェア)2017 出展者セミナー
「制御システムのリモートサービスで注目されるCSMS認証」
(リンク »)

■日時
2017年11月29日(水)13:00~

■会場
東京ビッグサイト 西1・3・4ホール特設セミナー会場D(展示会場4階)

■参加申し込み
以下URLのWebサイトからお申込みください。※参加費は無料です
(リンク »)

■講師

[画像2: (リンク ») ]

ジェイティ エンジニアリング株式会社 シニアコンサルタント
福田 敏博
技術士(経営工学)・中小企業診断士・情報処理安全確保支援士


1965年、山口県宇部市生まれ。JT(日本たばこ産業株式会社)に入社し、たばこ工場における制御システムの設計・運用・保守等に携わる。その後、ジェイティ エンジニアリング株式会社へ出向。システムエンジニア、プロジェクトマネージャとして、数多くの産業・制御システムの構築を手がける。「taspo(タスポ)」の名称で知られる成人識別たばこ自販機のプロジェクトでは、ネットワークや情報セキュリティに関するブレーンとしての役割を果たす。
現在は、産業サイバーセキュリティを専門にコンサルティングを展開。CSMS認証取得支援サービスでは、業界第一人者のコンサルタントとして著名である。
技術士(経営工学)、中小企業診断士、情報処理安全確保支援士、公認システム監査人(CSA)、公認内部監査人(CIA)、米国PMI認定PMP、ITコーディネータなど、計30種以上の資格を所有。ネットワーク技術、セキュリティ技術に関する数多くの特許を出願・取得。
著書に、『工場・プラントのサイバー攻撃への対策と課題がよ~くわかる本』がある。
(リンク »)

◆お問い合わせ窓口
ジェイティ エンジニアリング株式会社 営業部
Mail: si.jigyobu@jte.co.jp
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。