JR東京駅「サイネージ ショーウィンドウ」において8K対応液晶テレビ『AQUOS 8K』の展示を開始

シャープ 2017年10月31日

From PR TIMES



[画像: (リンク ») ]

 シャープは、JR東日本東京駅(東京都千代田区)の八重洲中央口改札内に設置している「サイネージ ショーウィンドウ」において、業界初(※)の8K対応液晶テレビ『AQUOS 8K』の展示を11月1日(水)より開始します。

 『AQUOS 8K』は、フルハイビジョンの16倍の解像度を持つ8K高精細液晶パネルを民生用液晶テレビに採用した『AQUOS』シリーズの最上位モデルとして今月より予約販売を開始、本年12月1日(金)に発売を予定しています。今回、多くの方にいち早く“8K”映像を体感いただくため、発売に先駆けて商品を展示します。

 ショーウィンドウでは、テレビの具体的な設置シーンをイメージしていただける様、据え置き展示に加え壁掛け展示を実施。リアリティ溢れるコンテンツを表示し、東京駅を利用する多くのお客様に向け、“8K”の魅力を訴求してまいります。

※2017年12月発売予定。8K映像の表示が可能な画素数7,680×4,320の液晶パネルを搭載し、8K映像の入力が可能なHDMI入力端子を搭載した民生用液晶テレビとして。

※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

● このニュースリリースの内容に関するお問い合わせはシャープ株式会社までお願いします。

【プレスリリース全文】
(リンク »)

【プレスリリース全文(PDF版)】
(リンク »)

【画像ダウンロードサービス】
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。