クオリカ、働き方改革推進のため、テレワークを活用した3つの施策を導入

TISインテックグループ 2017年10月31日

From PR TIMES

TISインテックグループのクオリカ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:加藤 明、以下 クオリカ)は、働き方改革推進の一環として、自律した働き方による生産性の向上、およびライフスタイルにあった働き方によるワークライフバランスの向上を目的に、10月よりテレワークを活用した下記3つの施策を導入したことを発表します。

(1)「@ホームWork制度」(在宅勤務制度)の導入
計画的に月4回まで在宅勤務を可能とする「@ホームWork制度」を導入します。事前申請による計画的な在宅勤務の活用で、生産性の向上やワークライフバランス実現による業務意欲向上を目指します。

(2)「フレックスタイム制」の見直し
「フレックスタイム制」のコアタイムを2時間(※)に短縮し、フレキシブルタイムを有効に活用することで、ワークワイフバランスの向上を目指します。 (※従来はコアタイム5時間)

(3)サテライトオフィスの導入
移動の多い営業・提案活動を伴う社員を対象にサテライトオフィスを導入し、自部門以外が入所するオフィスのほか、外部施設等も活用し、営業生産性の向上(移動時間の縮減)を目指します。

クオリカでは、これらの制度を組織および個人で活用し、社員一人ひとりが自律した働き方ができること、各人のライフスタイルにあった働き方によるワークライフバランスの向上により、「働きがいのある会社」を目指していきます。
クオリカでは、今後もさらなる「働き方改革」を推進し、風土改革に取り組んでいきます。


■クオリカの概要( (リンク ») )
所在地:東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー23F
事業概要:1982年コマツの全額出資による情報システム会社として創業し、現在はTISインテックグループの一員として、中国/ASEANをはじめ製造業および流通サービス業(飲食業・小売業)様向けにIoT、クラウドサービス、業務用システム開発、パッケージソフト開発、システム運用、情報端末製造・販売等の幅広い事業を展開しています。

■TISインテックグループについて
TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。