クラウド型受付システム「RECEPTIONIST」が、Slackの提供する「Slack App Directory」に正式掲載

ディライテッド株式会社 2017年10月31日

From PR TIMES

累計受付回数は10万回を突破



 ディライテッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:橋本真里子、以下ディライテッド)は、クラウド型受付システム「RECEPTIONIST」とビジネス向けチャットツール「Slack」(本社:米国 サンフランシスコ)の正式な連携を開始いたしました。Slackの提供する「Slack App Directory」内の「Security & Compliance」「Office Management」「Productivity」のカテゴリーに「RECEPTIONIST」が正式掲載され、ユーザーは「Slack App Directory」から「RECEPTIONIST」の利用登録が可能になりました。
また、利用企業が順調に増加しており、総受付回数は10万回を突破いたしました。

[画像1: (リンク ») ]



連携の背景
 ディライテッドが提供するクラウド型オフィス受付システム「RECEPTIONIST」は、内線電話の代わりに社内コミュニケーションツールを利用し、直接担当者を呼び出すことで来客対応が快適になるクラウド型のオフィス受付システムで、サービスを正式リリースした2017年1月からすでに「Slack」とは連携をしておりました。
今回、「Slack」の公式連携アプリだけが掲載される「App Directory」に掲載されたことで、すでに「Slack」を利用中の国内企業に認知を広げるだけでなく、海外展開の第一歩として取り組んで参ります。


[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]



累計受付回数は10万回を突破
RECEPTIONISTは2017年1月に正式リリースして以降、順調に利用企業が増加しております。最近ではスタートアップだけでなく、社員数が500名を超える企業様への導入も進んでおり、現在では毎日約1000人の方がRECEPTIONISTで受付をしております。その結果、累計受付回数はサービス開始から約9ヶ月で100,000回を突破いたしました。今後もチャットツールの市場拡大と共に、RECEPTIONISTを導入する企業の拡大を見込んでいます。

[画像4: (リンク ») ]



RECEPTIONISTとは
「受付から内線をなくすと、来客対応はもっと快適に。」をコンセプトに作られたクラウド型受付システムです。内線を使わず、ビジネスチャットやコミュニケーションツールに連携することでスムーズな来客対応が可能となるため、社内コミュニケーションにおいて日常的にチャットツールを利用している企業に最適な受付システムとなっております。

RECEPTIONIST
(リンク »)

[画像5: (リンク ») ]


ディライテッド株式会社 会社概要
所在地 :東京都渋谷区鶯谷町17-10
代表 :代表取締役:橋本 真里子
設立 :2016年1月21日
事業内容:オフィス受付サービスの開発・販売、受付業務コンサルティング
URL : (リンク »)
Facebook: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
BLOG: (リンク »)
BLOG: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。