VR業界をリードするプレイヤーたちが、VRの未来についてディスカッション!「MUTEK.JP」にダズル代表取締役CEO山田泰央が登壇決定!

ダズル 2017年10月31日

From PR TIMES

株式会社ダズル(代表取締役CEO:山田 泰央、本社:東京都渋谷区、以下「ダズル」)の代表取締役CEO山田泰央は、11月3日~5日に開催される「MUTEK.JP」内VR SALONでのパネルディスカッションへの登壇が決定いたしました。



[画像: (リンク ») ]

■MUTEK.JPについて
カナダ・モントリオール発、現在世界6ヶ国で開催されている電子音楽とデジタルアートの祭典「MUTEK」。芸術とテクノロジーの架け橋となる、世界最前線のディジタル・アートと、エレクトロニック・ミュージックによる国際的なフェスティバルです。
進化し続けるテノロジーとアートの融合、クリエイティビティ溢れる新たなる才能の発掘と育成など、多様な才能と未知数の創造力がインタラクティヴにインスパイアし、イノべーティブで文化的な社会の創造に寄与するプラットフォームを目指しています。
日本で2回目の開催となる今年は、世界10ヶ国から総勢30組のアーティストを招聘。
インスタレーションにエキシビジョン、そしてライヴパフォーマンス。さらにはワークショップやトークショーを予定しています。

【開催概要】
◇開催日
2017年11月3日(金)4日(土)5日(日)
◇時間
<昼の部>
12:00 OPEN/17:00 CLOSE
<夜の部>
17:30 OPEN/23:30 CLOSE
◇会場
日本科学未来館  (リンク »)
◇チケット
<1日券>
当日6,500円/前売5,500円
<3日通し券>
13,000円(チケットキャンプ限定3日通し券9,800円)
ご購入はこちらから: (リンク »)
◇主催
一般社団法人 MUTEK Japan
◇特別協賛
チケットキャンプ
◇後援
アーツカウンシル東京、ケベック州政府在日事務所、カナダ大使館、オーストリア大使館、ブリティッシュ·カウンシル
◇特別協力
日本科学未来館
◇協力
clubberia、Resident Advisor、Native Instruments
◇オフィシャルサイト
(リンク »)

■登壇概要
MUTEK.JPでは、VRの世界を体験できるエリア “MUTEK.JP VR Salon” を設けています。
その中ではVR Exhibitionでのコンテンツ体験、VR Workshopでのコンテンツ制作体験、またPanel Discussionで日本のVR業界をリードされている方々と、“Future of VR Creation”と“VR in Japan”というテーマでパネルディスカッションを行います。
ダズル代表取締役CEO山田は、第一部“Future of VR Creation”に登壇いたします。

開催日:2017年11月4日(土)
時 間:13:00 Panel #1 Future of VR Creation
※14:30からは“VR in Japan”をテーマにした第二部が開催されます。
場 所:日本科学未来館 イノベーションホール 7F

■ダズルについて
株式会社ダズルは、VRプロダクト分析サービスの「AccessiVR(アクセシブル)」を軸にVR事業を行っている会社です。 (リンク »)
2016年、2017年にかけてVR事業において総額3.5億円の資金調達を実施しました。
今後成長の見込まれる VR 市場や、これまで主軸としてきたゲーム事業において「楽しい」と「便利」を創造することで世の中に価値を提供していきます。
ダズルやVRに関する情報はブログ「Dazzle channel」よりご覧ください。 (リンク »)

■会社概要
会 社 名:株式会社ダズル( (リンク ») )
本   社:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-17-14 MSD20ビル2F
代 表 者:代表取締役CEO 山田 泰央
創   立:2011年
資 本 金:4億1198万円(資本準備金含む)
事 業 概 要:VR(仮想現実)サービスの提供/スマートフォンゲームの企画・開発・運用事業/受託開発・研究開発事業

VRの企画・開発のご相談: (リンク »)
スマートフォンゲーム企画・開発のご相談:info@dzl.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。