メール配信システム「Cuenote FC」に「HTMLエディター」を追加 ~誰でもレスポンシブデザインのHTMLメールが作成可能に~

阪急阪神ホールディングス株式会社 2017年10月31日

From PR TIMES

阪急阪神東宝グループのユミルリンク株式会社(代表取締役社長:清水 亘、本社:東京都渋谷区)は、メール配信システム「Cuenote FC」にHTMLエディター機能を追加した最新版を2017年10月31日から提供開始します。



「HTMLエディター」は、HTMLの知識不要で、誰でも簡単にHTMLメールが作成できるHTMLメール専用のエディターです。
ユミルリンクは、メール配信システム「Cuenote FC」にHTMLエディター機能を追加することで、メールマーケティング施策におけるHTMLメール制作の工数と時間を大幅に低減します。
また、本機能は、メール受信端末の画面サイズに応じて、表示が最適化される「レスポンシブデザイン」に対応しており、複雑なHTMLソースを作成することなく、誰でもレスポンシブメールを作成できます。
[画像: (リンク ») ]

[特長]
・ドラッグアンドドロップだけで、画像が挿入できる。
・マウス操作だけで、自在にレイアウトの作成、コンテンツの入れ替えができる。
・レスポンシブデザインに対応
・プリヘッダーテキスト(※)へ任意のテキストを挿入可能
・タイトル、本文に対するemoji(Unicode絵文字)対応

※「プリヘッダーテキスト」とは、メール本文の冒頭に記載しているテキストの一部を表示する領域で、
多くのメーラーでは、メールボックス内の一覧表示において、件名の下にこのテキスト情報を表示しています。

[導入メリット]
・HTMLの知識不要で、誰でもHTMLメールを制作できる。
・HTMLメール制作の工数と時間を大幅に削減できる。
・メール受信端末の画面サイズに応じて、表示が最適化されるレスポンシブデザインのHTMLメールを作成できる。

ユミルリンクは、企業と消費者のコミュニケーションを実現する手段として、メール配信の用途を広げ、効果的にメールを活用いただくため、今後もさらなる機能やサービスの拡充に努めてまいります。

[提供形態/販売価格]
・クラウドサービス(ASP・SaaS)
初期費用:30,000円~(税別) 月額費用:5,000円(税別)~
・オンプレミス型(ライセンス)
初期費用:2,250,000円~(税別) 月額費用: 46,000円(税別)~

■『Cuenote FC』について (リンク »)
Cuenote FCは、並行処理指向言語「Erlang」で開発したMTAと15年以上のノウハウにより、450万通以上/時の一斉メール配信速度を実現し、月間のメール配信数36億通の実績を誇るメール配信システムです。
スマートフォンやフィーチャーフォンにも高速で確実に届く配信性能を特長とし、国内大手ECサイトなど、1,100社以上で利用されています。

<会社概要>
社名:ユミルリンク株式会社
代表取締役社長:清水 亘
資本金:1億1,828万円
本社:東京都渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー12F
設立:1999年7月
事業内容:クラウドサービス(ASP・SaaS)事業、ソフトウエアプロダクト事業、
システムインテグレーション事業、ネットワークマネジメント事業
主要株主:アイテック阪急阪神株式会社
詳細については、 (リンク ») をご覧ください。

*「Cuenote」は、ユミルリンクの商標または登録商標です。

リリース (リンク »)

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]