編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ロボアドバイザーによる個人のお客さま向け資産運用サービスの開始について

株式会社新生銀行

From: PR TIMES

2017-10-31 17:01

~「THEO+ [テオプラス] 新生銀行」を11月1日(水)から、個人型確定拠出年金(愛称「iDeCo」)の受付金融機関業務を12月1日(金)から開始予定~

当行は、ロボアドバイザーを活用した個人のお客さま向け資産運用サービスを開始いたします。株式会社お金の デザイン(東京都港区、代表取締役社長 中村 仁、以下「お金のデザイン」)との提携に基づき、当行の「新生総合口座パワーフレックス」(以下「パワーフレックス」)のお客さま向けに、ETF(上場投資信託)特化型投資一任運用サービス「THEO+ [テオプラス] 新生銀行」を11月1日(水)から開始いたします。また、同社が運営管理機関として提供を予定している※個人型確定拠出年金(愛称「iDeCo」)サービス「MYDC」(マイディーシー)の受付金融機関としての 業務を12月1日(金)から開始する予定です。

THEO+ [テオプラス] 新生銀行はお金のデザインが開発したTHEOをパワーフレックスのお客さま向けにカスタマイズしたサービスで、お客さまは年齢や現在の年収、金融資産額など5つの質問に答えるだけで、ロボアドバイザーが世界の約6,000種類のETFから最適な組み合わせを提案し、運用します。スマートフォンだけで手続きが完了し、1万円から始められるとともに、運用報酬も1%(年率・税別)とお手頃なコストで利用できるのが特徴です。当行では、THEO+ [テオプラス] 新生銀行の取り扱い開始に伴い、キャンペーンやセミナーを開催いたします。概要については、以下をご参照ください。

MYDCは、平成29年11月1日付でお金のデザインと合併を予定している株式会社MYDC(東京都港区、代表取締役社長 前川 卓志)が平成29年1月から開始したiDeCoのプランで、当行はその受付金融機関としてiDeCoのサービスを提供してまいります。ロボアドバイザー機能を活用することで、お客さまはスマートフォンやパソコンでiDeCoの商品選択のサポートを受け、簡単にお申込み手続きを進めることができます。

当行では、平成29年7月に同社が実施した第三者割当増資を引き受けるとともに、当行の常務執行役員が同社の社外取締役に就任するなど、お金のデザインとの提携を踏まえ、ロボアドバイザーを活用した資産運用サービスの提供を検討してまいりました。今般の資産運用サービスの強化を皮切りに、今後もお金のデザインとのさまざまな連携の可能性を検討してまいります。
※株式会社お金のデザインは個人型確定拠出年金の運営管理機関登録申請中です。


キャンペーン及びセミナーのご紹介
■「ロボアドバイザーで積立をはじめよう!もれなくTポイント500ポイントプレゼントキャンペーン」
■「ロボアドバイザーでおまかせ資産運用 最大2,000円キャッシュプレゼントキャンペーン」
■「THEO+ [テオプラス] 新生銀行 始めよう!ロボアドで資産運用!」セミナー

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社新生銀行の関連情報

  • 新生銀行、チャネルごとに分断された顧客情報を一元管理

    新生銀行は、カスタマーサービス基盤「Salesforce Service Cloud」とデジタルマーケティング基盤「Salesforce Marketing Cloud」と連係させ、リテールバンキングの営業、コールセンター、マーケティングの各部門がそれぞれで管理していた顧客情報を一元管理する仕組みを構築した。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]