神社の崇敬会運営サービス「すうけい」のプロモーション映像を発表。資料請求受付をスタート。

すうけい 一般社団法人 神社崇敬会 2017年11月01日

From PR TIMES

~ 神社の資金調達を支援するクラウドファンディング形式の崇敬会、資料請求で年内に崇敬会を設立すると新年の神札頒布に間に合います。 ~

人と神社をICTでつなぐ崇敬会支援事業を行う、一般社団法人 神社崇敬会(事業所:東京都目黒区、代表理事:秀島康右)が、神社専用のクラウドファンディングサービス「すうけい」のプロモーションビデオの発表と、資料請求受付をスタートした事をお知らせいたします。
【URL】 (リンク »)




神社専用のクラウドファンディングサービス「すうけい」
現代人と神社の新しい関係を提案。
スマホを利用していつでもつながる神社を。



人と神社をICTでつなぐ事業をわかりやすく紹介したプロモーション映像です。現代人の生活におけるさまざまなシーンと、人と神社のつながりをイメージした映像で、神社専用のクラウドファンディングサービス「すうけい」を紹介しています。登場人物の経営者、OL、主婦、それぞれの願いを美しい映像で表現しています。

[動画1: (リンク ») ]

すうけいプロモーションビデオ
たいせつなものを守る伝える『それぞれの願い』編 3分
(リンク »)

[動画2: (リンク ») ]

すうけいプロモーションビデオ
たいせつなものを守る伝える『それぞれの願い』編 1分
(リンク »)

[画像1: (リンク ») ]
お母さん役には、2006年公開アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督、ブラッド・ピット主演の『バベル』や、2013年公開ヒュー・ジャックマン主演の『ウルヴァリン:SAMURAI』で真田広之さんの妻役を演じた女優の久藤今日子さんに出演していただきました。

[画像2: (リンク ») ]

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]



[画像5: (リンク ») ]




神社から寄せられた実際の声をもとにサービス設計。
簡単に、無料で、効果的な神社の資金調達を。
パンフレットと崇敬会設立の申請書類の請求受付をスタート。



すうけいのパンフレットの完成に合わせて資料請求受付を開始しました。
神社関係者の方から寄せられたさまざまなお悩み事例をもとに、クラウドファンディング形式の崇敬会でどのように解決していくかを分かりやすく解説しています。
資料請求していただくと、パンフレットの他、すぐにお申し込みいただける申請用紙やFAXでのお申込みにも使用できるチェックシートなどをお送りいたします。神社の資金調達についてのご相談受付も継続して受付しています。
資料請求は「すうけい」サイトから可能。
(リンク »)

[画像6: (リンク ») ]

[画像7: (リンク ») ]

[画像8: (リンク ») ]

[画像9: (リンク ») ]


[一般社団法人神社崇敬会の設立背景と目的]

私たちに身近な存在である神社は、社会状況の激変により取り巻く環境も大きく変化しています。人々のライフスタイルの変化、大都市一極化による地方の人口減少、核家族化の進行により、従来からの氏子総代など地域コミュニティによる神社奉賛活動に頼っていては、神社の維持管理や修繕積立などの護持運営に関わる活動は困難になりつつあるのが現状です。

当法人はそのような世相を鑑みて、現代人の生活様式に沿ったICTによる新しい神社の奉賛活動を提案し、神社の奉賛団体である崇敬会の設立や運営の支援を通じて、人と神社の新しい結びつきを実現し日本の美しい心や社会の文化発展に貢献することを目的としています。

当法人は、神社の奉賛組織である崇敬会の普及振興に寄与することによって、神社の護持運営をはかり、社会の文化発展に貢献することを目的とし、その目的に資するための崇敬会の創立及び運営に関する支援事業やその他の各種関連事業を行います。


[崇敬会とは]

崇敬会とは募財を目的として設立される神社の奉賛団体で、主に戦後に設立された団体が多く、規模が大きく著名な団体としては、「伊勢神宮崇敬会」「明治神宮崇敬会」「靖國神社崇敬奉賛会」などがあり、会員になることによって神札(神符)や御守が家庭まで届くといったさまざまな待遇や特典により、神社の奉賛団体として神社と崇敬者のむすびつきを強め、また経済的にも神社を支えてきた歴史があります。
また、崇敬会は宗教法人とは別の任意団体や法人で運営されます。


[事業概要]

当法人の事業は、「ファイナンス」「プロダクト」「Webサービス」の3つのプロダクト・サービス群を中心に展開されます。この3つのプロダクト・サービス群はICTを通じて相互に連携し、参加する各崇敬会の会員獲得や会員の管理、各崇敬会が奉賛する神社の諸祭事への参加を促す情報発信、神棚のIoT化(2018年を予定)等で「いつでもつながる神社」を実現し、神社の護持運営と社会の文化発展に貢献し、人と神社のつながりを日常に感じられる世界を実現します。


【法人概要】
法人名:一般社団法人 神社崇敬会
所在地:東京都目黒区八雲二丁目6番11号 1F
代表者:秀島康右
設立:2017年4月11日
URL: (リンク »)
事業内容:崇敬会の創立及び運営に関する支援事業

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]