網屋とALSIが協業 クラウドProxyサービス「V-Gateway」をリリース

株式会社網屋 2017年11月01日

From PR TIMES

株式会社網屋(東京都中央区/代表取締役:伊藤 整一/以下、網屋)は、クラウドVPNサービス「Verona(ヴェローナ)」のセキュリティゲートウェイオプションとしてクラウドProxyサービス「V-Gateway(ブイ ゲートウェイ)」の販売を開始いたします。
WEBフィルタリングとC&Cサーバ(脅威サーバ)へのアクセスブロックの機能を有するV-Gatewayには、アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永倉 仁哉、以下「ALSI」)が提供する「InterSafe GatewayConnection(インターセーフ ゲートウェイコネクション)」の技術が採用されており、この度、網屋とALSIの協業の元、本ソリューションが実現しました。



InterSafe GatewayConnectionは、業界内で長年トップシェアを誇り多くの企業や自治体・学校等で採用されている” WEBフィルタリング機能”と、世界中から収集した膨大な脅威インテリジェンスを活用しサイバー攻撃対策にも有効な”高いセキュリティ機能”を有しており、出口対策の面でさらなるセキュリティ強化を望むVeronaユーザーにとっては、最適なセキュリティゲートウェイオプションとなります。

クラウド型で設計・構築はもとより機器の設置までも不要な為、同じくクラウド型であるVeronaとの親和性も高く、VPNサービスと高いセキュリティ機能をワンストップでご提供できるのが大きな特徴です。これからも網屋は、企業のシステムやネットワーク機器のメンテナンスをクラウド上からワンストップでご提供できるよう、さらなるサービスの拡充に努めてまいります。

■ V-Gatewayとは
クラウド上のセキュリティゲートウェイを通信経由させることで、内部からの不適切及び不正なインターネットアクセスをフィルタリングするサービスです。専用機器・複雑な設計・初期設定が不要。エンド端末にパターンファイルやエージェントインストールも要りません。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

◆製品概要資料ダウンロード:
(リンク »)

■ Veronaとは
Verona(ヴェローナ)は、ビジネス活用されるプライベートラインをクラウドから管理する事で、管理コストを大幅に削減するVPNワンストップマネジメントサービスです。キャリアに依存しないマルチルートを超柔軟かつ迅速に構築し、拠点間のゲートウェイからクライアントのリモートアクセスまで、極めて安全な秘匿空間を幅広く実現します。
サービスURL: (リンク »)

◆本プレスリリースのURL
(リンク »)

◆株式会社網屋について
1996年12月に設立された株式会社網屋は、セキュリティ対策ソフトウェア製品「ALogシリーズ」の開発および販売を行うSAP(Security Audit Product)事業と、セキュアなITネットワーク基盤を設計・構築するIT基盤事業の二つの事業を軸に、お客様のICTインフラに関わるニーズを総合的に提供しています。
網屋WebサイトURL:  (リンク »)

サービスに関するお問い合わせ
株式会社網屋 営業本部 東日本営業部
TEL:03-6822-9995(ダイヤルイン)
E-Mail:infra-sales@amiya.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]