LINEでの問い合わせ対応を開始、AIで24時間365日対応

株式会社ジャパンネット銀行 2017年11月01日

From PR TIMES

マスコットキャラクターを活用し、親しみを感じるコミュニケーションを展開

株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小村充広、以下ジャパンネット銀行)は、2017年11月1日(水曜日)より、コミュニケーションアプリ「LINE」のカスタマーサポートサービス「LINE カスタマーコネクト」を使い、AIを活用した対話型チャットボットによるお問合せ対応を開始いたします。



ジャパンネット銀行ではお客さまからのお問い合わせ対応として、コミュニケータによる電話応対に加え、一部サービスではコールバック予約とチャットに対応しています。
今回、より気軽で使いやすいお問合せ窓口としてAIチャットボットサービスを提供する株式会社KDDIエボルバの協力のもと、LINE カスタマーコネクトを採用。よりお客さまのニーズにあったお問い合わせチャネルを選択いただけるようになりました。
ジャパンネット銀行口座保有の有無を問わず、LINEアカウントを友だち登録すれば、どなたでもご利用いただけます。

【LINE カスタマーコネクトを活用したジャパンネット銀行サポートの特徴】

1. アイコンにマスコットキャラクターを活用し、親しみを感じる対応
イラストコミュニケーションサービス「pixiv」で開催したコンテストで公募したキャラクター“モネ”を起用。“モネ”には豊富な表情バリエーションを用意し、お客さまに親しみを持っていただけるコミュニケーションを図ります。
[画像1: (リンク ») ]


2. AIとシナリオ設定による的確な回答
LINEアカウント上のキャラクター“モネ”には、株式会社BEDOREの自動応答エンジン「BEDORE(ベドア)」を利用。質問内容を理解する自然言語処理機能に加え、ディープラーニング機能を搭載しています。ジャパンネット銀行側でのシナリオ設定と「BEDORE」での自動学習により、お問い合わせへの的確な回答が可能です。

[画像2: (リンク ») ]


●サービスに関する回答(イメージ)
質問内容から的確に回答を提示します。
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]



[画像5: (リンク ») ]



●コミュニケーションに関する回答(イメージ)
ジャパンネット銀行への親しみを感じてもらえるよう、直接サービスとは関連しない話題についても、“モネ”が回答します。
[画像6: (リンク ») ]

[画像7: (リンク ») ]

●マスコットキャラクター“モネ”について
(リンク »)
[画像8: (リンク ») ]


ジャパンネット銀行サポートのアイコン“モネ”は、月間利用者数のべ5,000万人を超えるイラストコミュニケーションサービス「pixiv」で行ったコンテストで選ばれた、キャラクターです。
コンテストは2017年5月25日から6月27日に実施、637作品の応募がありました。
『みんなの手から手へ旅をしてジャパンネット銀行の良さを伝えて行く』イメージをもとに選考し、“モネ”が最優秀賞に決定しました。


●LINE カスタマーコネクトについて
(リンク »)

「LINE カスタマーコネクト」は、コンタクトセンターがLINEを介して、AIや有人によるチャット対応や音声通話対応などをシームレスに行い、状況やニーズに応じた適切なカスタマーコミュニケーションを実現するサービスです。

今後もジャパンネット銀行は、お客さまに便利にご利用いただけるよう、機能拡充に取り組んでまいります。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ジャパンネット銀行の関連情報

株式会社ジャパンネット銀行

株式会社ジャパンネット銀行の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]