ALSI、網屋のクラウドVPNサービス「Verona」にセキュアWebゲートウェイサービス「InterSafe GatewayConnection」の技術を提供

アルプス システム インテグレーション株式会社 2017年11月01日

From PR TIMES

サイバー攻撃対策サービスと、Webフィルタリングサービスの機能を持つ「InterSafe GatewayConnection」の技術により、不正な通信をブロック

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永倉 仁哉、以下ALSI〔アルシー〕)は、株式会社網屋(本社:東京都中央区、代表取締役 伊藤 整一、以下 網屋)が提供するクラウドVPN サービス「Verona(ヴェローナ)」に、セキュアWeb ゲートウェイサービス「InterSafe GatewayConnection(インターセーフ ゲートウェイコネクション)」の技術を提供することを発表いたします。



■製品概要

[表1: (リンク ») ]



■提供概要
 昨今、標的型サイバー攻撃は情報セキュリティ上の大きな脅威となっており、攻撃手法は日々巧妙化しています。どれだけ入口対策をしていても、その侵入を100%防ぐのは不可能です。ALSI が提供する「InterSafe GatewayConnection」は、クラウドによる多層セキュリティで、導入・運用の負荷を軽減しながら出口対策を強化するサービスです。

 [画像: (リンク ») ]
「InterSafe GatewayConnection」は、最新の脅威情報に基づき、C&C サーバ[※1]など標的型攻撃に用いられる脅威サーバへの通信をブロックする「サイバー攻撃対策サービス」と、「Web フィルタリングサービス」を提供しています。クラウドサービスのため、複雑な設定やネットワーク構成の変更は不要です。

 「InterSafe GatewayConnection」の技術を提供する網屋の「Verona」も、同様にクラウドを活用することにより安全でセキュアな通信を利用することができる、ワンストップのクラウドVPN サービスです。
 この度の技術採用により、設定済みの「Verona」のVPN ルータを社内に接続するだけで、すぐにセキュアで快適な環境構築が可能になります。特に、PC端末の設定を自動でできるため、手間なくより強固な出口対策を手軽に実現できます。

 今後もALSI は、お客様のニーズをタイムリーに反映し、サイバー攻撃から情報を守り、安全に利用できる製品やサービス、連携技術を提供してまいります。

 本ニュースリリースに際して、株式会社網屋様より次のエンドースメントをいただいております。


[表2: (リンク ») ]



※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。
※1:command and control server(コマンド&コントロールサーバー);サイバー攻撃などにおいて、マルウェアに感染してボットと化したコンピュータ群(ボットネット)に指令を送り、制御の中心となるサーバ。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]