米国VR/ARプラットフォーマー大手『CYBERLAB 9』が2018年にCOMSAで、vCommerceエンジン『VERSES』のICOを実施

テックビューロ株式会社 2017年11月02日

From PR TIMES

ゲーム・VR/AR世界にmijinブロックチェーン技術によるトークン・エコノミーが到来

テックビューログループ(本社:大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)は、CYBERLAB 9(本社:アメリカ合衆国カリフォルニア州、CEO:Dan Mapes、以下「C9」)がインキュベートする『VERSES』のICOを、2018年初頭に実施する事を発表いたします。



テックビューログループ(本社:大阪府大阪市、代表取締役:朝山 貴生、以下「テックビューロ」)は、CYBERLAB 9(本社:アメリカ合衆国カリフォルニア州、CEO:Dan Mapes、以下「C9」)がインキュベートする『VERSES』のICOを、2018年初頭に実施する事を発表いたします。
[画像: (リンク ») ]


C9は米国ロサンゼルス、シアトル、中国北京に拠点を持つ、最先端テクノロジーとエンターテイメントが融合するコンテンツの開発提供を得意とするデジタルメディア企業です。近年はVR/AR、人工知能、ブロックチェーン技術の導入コンサルティングやインキュベートも手がけています。前オバマ大統領の選挙キャンペーンを成功させた事で知られ、20年を超える社歴の中、自動車、航空機、ITなどハイテク産業から、グローバル消費材メーカーや外食チェーン、金融、映画・ゲームなどエンターテイメント業界から政府系まで数多くのクライアントと、様々な受賞歴を持っています。

『VERSES』はC9のインキュベーションプロジェクトとして立ち上がり、2017年10月にロサンゼルスで開催されたBlockConカンファレンスにて、世界で初めてパブリック・ブロックチェーン間の決済トランザクションを仮想世界内で行うというデモンストレーションを行い、大きな話題を集めました。

『VERSES』は臨場感あふれる仮想世界の開発フレームワークを提供します。また、作成したゲーム・VR/ARアプリケーションを配布し、ユーザーがプレイできるプラットフォームにもなりえます。

COMSAでICOを実施し、『VERSES』のゲームエンジンやVR/ARプラットフォームの追加機能として『vCommerce』を実装します。

『vCommerce』が実装された新たな『VERSES』はゲーム・VR/ARの仮想世界と実世界を行き来するユーザー、アバター、物等のアカウント間で、ブロックチェーン上でセキュアにトークンや仮想通貨による決済を可能にします。

ICOトークンセールによる売上は、世界に数百万人以上いる開発者コミュニティから選抜されたゲーム・VR/ARプロジェクトへ『VERSES』導入支援や、学術研究分野においてVR/AR技術を商用化する為の使い勝手や品質の向上に用いられます。

1ST CRYPTOCURRENCY TRANSACTION IN VR
紹介動画:
[動画: (リンク ») ]



(リンク »)

『VERSES』財団 Co-FounderのGabriel Rene氏は以下をコメントしています。

「COMSAは”ハイブリッド型”とも呼べるCOMSA CoreとHubのソリューションを提供する事で、ブロックチェーン業界のユニークさと先鋭性とを象徴しています。これはプライベートブロックチェーンmijinとパブリックブロックチェーン、そして仮想通貨取引所をグローバルで繋ぐものです。

この次世代ブロックチェーンアーキテクチャーは、『VERSES』が実現する仮想世界と実世界に、企業や個人を繋ぎ、セキュアで拡張性の高いP2Pトランザクションを行えるを実現します。」

テックビューロの代表 朝山貴生は以下をコメントしています。

「VERSESが描くビジョンが、我々がCOMSAのホワイトペーパーに示したVRユースケースそのままであったことにお互いに身震いする思いでした。外の現実世界のバリューを、VR世界にそのまま持ってくるという世界観の実現に一番近い彼らの技術が、COMSAのトークンソリューションと融合される日が来ることが楽しみです。」

今後、『VERSES』財団はテックビューロの協業パートナーとして、ゲーム・VR/ARプラットフォームの利用顧客へ、バーチャル・トークン・エコノミーの導入設計や、さらなるICOの実施支援を行います。

■ 用語解説

・VR/AR
Virtual Reality(仮想現実)およびAugmented Reality(拡張現実)

・vCommerce
Virtual Reality Commerce (仮想世界内決済)

■ ICOとは

ICOとは「Initial Coin Offering」の略であり、電子トークンを発行して売り出すことによって資金を調達するための手法を指します。しかし、実質的には株式などのエクイティを譲渡するのではなく、購入型のクラウドファンディングと同様に単にトークン販売を行うものであり、厳密に言えば「資金調達」の手法ではなく「仮想通貨の発行販売手法」となります。購入する側も、実際にはプロジェクトに投資をする「投資家」ではなく、「トークン購入者」となります。これらトークンは、仮想通貨取引所での取り扱いなどを通して一般に流通すると「仮想通貨」となります。

■ VERSESとは

『VERSES』は、デザイナー、開発者、企業やユーザーが、想像しうる限り最もダイナミックで奥深く、臨場感あふれる世界を創りだし、それぞれが双方向に繋がるエコシステムを実装する事で、全く新しい仮想世界体験を実現する事をミッションに掲げています。

詳しくは以下URLをご覧ください。
(リンク »)

◼︎「テックビューログループ」について( Webサイト (リンク ») )

テックビューログループは、日本、北米、欧州に拠点を置き、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)です。プライベート・ブロックチェーン製品「mijin」と仮想通貨取引所「Zaif」や、トークンの発行販売を提供する総合ICOソリューション「COMSA」など、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供しております。

詳しくは以下URLをご覧ください。
Zaif 取引所について – (リンク »)
mijinについて – (リンク »)
COMSAについて – (リンク »)

■「COMSA」について( Webサイト (リンク ») )

「COMSA」は、トークンの発行販売である「ICO(=Initial Coin Offering)」と、各種ブロックチェーン技術の導入を同時に実施できる総合型のブロックチェーン・ソリューションです。トークンの発行販売から、「Zaif」取引所での上場、「mijin」による内部勘定の構築までをワンストップで利用する事ができる世界でも唯一のサービスです。

※ 本文中の商品名は、テックビューロの商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]